NHKの朝ドラ「なつぞら」から元気だった時代を思う

連続テレビ小説「夏空」が始まります

NHK大阪制作の「まんぷく」が終わり「夏空」が4月より始まります。

連続テレビ小説は第100作目になる記念作品と言うことです。連続テレビ小説がはじまったのが1961年(昭和36年)獅子文六さん「娘と私」 でテレビ時代が始まっていく時期でもあり高度成長の時代が始まる時代です。 娘と私

この時代は「所得倍増計画」などが推し進められた時代でした。

『所得倍増計画(しょとくばいぞうけいかく)は、1960年に池田内閣の下で策定された長期経済計画である。閣議決定された際の名称は国民所得倍増計画(こくみんしょとくばいぞうけいかく)という。この計画では、翌1961年からの10年間に名目国民所得(国民総生産)を26兆円に倍増させることを目標に掲げたが、その後日本経済は計画以上の成長に至った。」

「娘と私」は朝ドラの原点

「フランス人の伴侶を亡くした父と妻の忘れ形見である娘の関係を描くこの自伝的な小説は、本が出版された1956年にNHKでラジオドラマ化された後、NHKテレビの朝の「連続テレビ小説」の第一弾の原作となりました。時代の変化や家族の関係というものをバックに成長していく女性の姿を描く「連続テレビ小説」の原点は、獅子文六の小説にあるといえます。」

この原作から連続テレビ小説が作られていくことになります。現在においてもヒロインとモデル、地方ロケ(地方が登場する)などが引き継がれているようです。

連続テレビ小説は、現代では朝ドラと呼ばれていますが、時代写しだす鏡のようだ存在なのではないかと思います。。

題名を聞けばその時代や暮らしを思いる方が少ないからずあるようです。

「あおぞら」はどんなドラマが展開されるのでしょうか。

ドラマのキーワードは「戦後」「北海道の大地」「アニメーション」「夢・感動」かなと思います。

ドラマの内容は

「戦後、広大な北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマになっいるようです。

ヒロインは奥原なつを演じる広瀬すずさんですがこれまでの出演を見ていると演じ切られることと思います。また、朝ドラのヒロインを演じられた1983年に大ヒットした「おしん」に小林綾子さん、1996年の「ひまわり」のヒロインの松島奈々子さんも出演され久々の出演でどのように演じられるもか興味がわきますね。

戦争で両親を失った少女・奥原なつ。傷ついた彼女を癒やし、たくましく育てたのは、北海道・十勝の大地と、開拓精神にあふれた強く、優しい大人たちでした。
やがて、成長したなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と根性を生かして、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジします。

十勝は年間を通じて雨雪が少なく、「十勝晴れ」と呼ばれる晴天が、豊潤な大地に実りをもたらします。

「なつぞら」は、そんな十勝の突き抜けた青空のような、すがすがしいなつの生きざまを描いたドラマです。」

青空が広々とした北海道に大地で、牧場そしてアニメーションとわくわくする朝ドラなればと期待しています。青春と言う言葉が響いてきそうです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください