天皇と元号は神話の世界

新元号が制定される

天皇が生前退位となり現皇太子が天皇に即位されることになります。元号は天皇制度の中で元号が制定されることになりますね。

日程は、2019年4月1日に発表されます。5月1日から変わりますね。

新元号は十数個に絞りこまれていると言われます。

元号という文化は中国から渡ってきたものなので、元号の名称は中国の古典から引用されています。

「平成」の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」に由来します。天地、内外とも平和が達成されるという意味を持っていると言われます。

選定は次ようなことが基準とされます。は

①国民の理想としてふさわしいような、よい意味を持つものであること。
②漢字2文字であること。
⓷書きやすいこと。
④読みやすいこと。
⑤これまでに元号または送り仮名として用いられたものでないこと。
⑥俗用されているものでないこと。

とされていますが、さてどのような元号になりますか?あなたの予想は・・・

色々と予想をされている方がありAIでの予想もあるようです。

元号が変わると言うことはカレンダーをはじめ色々なところに影響が出てくることになります。元号について色々な考え方がありますが、あなたはどのように考えますか。元号が変わることは日本にとっては大きなことですね。

昭和や平成は「平和」な世の中を願ってつけられたと言われます。今回の年号も「平和」を願った元号がつけられ、平和な世の中になっていけばと思います。

元号と天皇制度

天皇制度は、奈良時代に天武天皇の勅命で稗田阿礼(ひえだのあれ)が語り、その内容を太安万侶(おおのやすまろ)が文章に記録し、和銅5年(712)に献進。日本最古の歴史書で、天皇による支配を正当化しようとしたもの。上巻は神代、中巻は神武天皇から応神天皇まで、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事を収め、神話・伝説・歌謡などを含んで書かれています。

日本の歴史書として書かれたものは中国で書かれた「魏志倭人伝」まで遡ることになります。

天皇制度と日本の歴史の史実は書かれたものが少なくわからないことが多いですね。初代天皇は神武天皇と言われています。天上界の天高原から日向の高千穂の峰に降りた神々の子孫で「神日本盤余彦(「カンヤマトイワレヒコノミコト)」で、どこに行けば平和に治めることが出来るか考え、東に進み難波に上陸して生駒山を越え大和に」入った・・・と言われています。しかし、現存した人物ではないと言われます。

この初代から数えると現在の今上天皇で125代の天皇で今年5月からは126代の天皇になりますね。

これだけ長い期間天皇制度と言う君主制度を存続させている国は世界にはなく不思議に思いますね。天皇制度は幾たびか存続危機もあったようですが、現代までひきつがれています。なぜ天皇制度は維持されてきたのでしょうか。島国と言う固有の環境もそのその一つだと思います。また、長い間、鎖国政策を行い閉鎖された国であったこともその要素かもしれませんが、時の天皇と時の政権と言う二重権力構造 国を治める国を治めやすかったのではないかとも考えられます。

天皇が変わり、元号が変わります。天皇家は1800年の歴史を持ち125代の今上天皇から126代の天皇へと引き継がれます。

今後後のような時代となっていくのでしょうか。これから人口知能の時代がより進むことになりますが、天皇制度はどのようになっていくのでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください