丹波黒豆の枝豆のご飯はおいしいです!丹波の旬の旅

 お節の黒豆

黒豆と言えばお節の黒豆を思う方も多いかと思います。また、黒豆と言えば丹波黒豆ですね。黒豆は私たちと深い関わりのある豆ですね。美味しい豆であることは間違いないですが、大粒でふっくらとしたものは丹波産の黒豆です。

丹波の黒豆の特徴は丸く、大粒で少し白い粉が吹いた豆で、触感も良く少し甘味もあるように思います。ブドウ豆と言われる方もあります。

丹波黒とは、丹波地方発祥の大豆で、京都と兵庫県にまた広い丹波地方で栽培されている黒豆のことです。

 丹波黒豆

黒豆の枝豆

 黒豆の枝豆

黒豆の枝豆はビールにピッタリですが、枝豆ご飯もとてもおいしいものです。丹波地域へのミニ旅を行い黒豆の枝豆を買いました。

黒豆の枝豆を求めて丹波地方の山が全山紅葉するには少し早い時期に丹波地方を旅すると道路際で農家が黒豆の枝豆を売っています。丹波の秋の風物詩と言えますね。

枝付きのままの黒豆を購入します。比較的安価で購入できます。枝豆ご飯とビールのつまみになる量で購入します。枝豆は鮮度が命ですので買って家の帰るとすぐに適度に塩を加え茹でて食べるようにします。

  黒豆の枝豆ご飯

黒枝豆  180g
米    2合
塩    小さじ1
だし昆布 10cm角1枚

①枝豆は両端のヘタを切り、塩でよくもみ洗い、水1リットルに対し塩40g入れ、沸騰したら5~6分でゆでる。

②ゆであがったら、さやから豆を取り出し、薄皮をむきます。

⓷薄皮をむいた豆、約180g。

⓷米を洗い、炊飯器に分量の水に浸して20分置き、だし昆布と豆を入れ、塩を入れて炊きます。

*何杯でも。おかわりができる黒豆枝豆ご飯です。

丹波へのミニ旅に出て、黒豆の枝豆との出会いを通じ、人々の暮らしに接することで思い出深い旅になります。黒豆はこうした丹波に暮らす人々との出会いでよりおいしい食にかわっていきくように感じましたね。

丹波の黒豆からは、がう黒豆コーヒー、黒豆パンや甘納豆、栗豆ドレッシング、など色々な食品が生まれています。

以前黒豆を使って黒豆の手作り豆腐を作って見たことがありましたが、なっとてもおいしい豆腐となりましたが、紫色の豆腐になってしまい色的に家族からは敬遠されしまいましたね。

現代では黒い皮をむき黒豆豆腐が販売されいます。この豆腐もおいしいですし、黒豆味噌も美味しいですね。

日本と黒豆文化は切り離すことができません。これからの季節黒豆との付き合いが」い多くなりますが、色々黒豆の食を味わいたく思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください