がん・週刊現代・本庶先生の免疫治療 とは

「がん」とは何

がんで亡くなられる芸能人が気にかかります。がんは私たちの中にその因子が潜み誰でもがいつがんになりかわからない病気です。その治療の研究が進められています。今年のノーベル賞は京都大学の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授が受賞されました。日本人の受賞者が続きとても喜ばしいことですね。どんな内容かはTVなどで報道され知っている方も多いと思います。

週刊現代に「苦節22年の物語」として掲載されていました。

がんの免疫治療の「PD-1」分子を発見し「免疫治療」を確立したことから受賞が決まったようです。日々がんについて情報があり「免疫治療」という言葉が聞いたことがありましたがどのような治療なのかを少し知ったように思います。

がんとは「生体内の細胞が無制限に増殖する病気」と言われています。

人体は60兆個の細胞からなり、この正常な細胞から発生した異常な細胞の塊で悪性腫瘍とも呼ばれていることはよく知られていますね。

オプジーボという薬剤は2014年に小野薬品から悪性黒腫の治療薬として販売されています。人にはがん細胞を排除するという免疫システムがありますが、がん細胞はこれを無効化してがん細胞を増殖させる性質をものものがあると言われます。

オプジーボは、人が本来備わっている免疫システムを再活性化することで治療する新しいタイプの抗がん剤で、ノーベル賞受賞はこの研究が評価されたものです。

がん発生の要因

老化による遺伝子の変化やホルモンバタンスの崩れ、生活環境変化によるストレス、免疫低下など発生のメカニズムはハッキリとわからないところもあるようです。

栄養バランスの取れない食生活、睡眠不足などストレスの多い生活習慣、タバコなどが原因となると言われています。

特にタバコの喫煙が原因となる言われて、タバコを禁止するところが広がり、分煙は当たり前の時代になってきましたね。

禁煙の仕方はニコレットや電子タバコなど色々とあるようですが、禁煙治療を受けられることをお薦めします。私は禁煙治療を受けた日から禁煙に成功しましたね。喫煙は病気と考えたほうが良いと思います。

スポンサードリンク


新薬開発には膨大な研究費用とリスクが伴う

小野薬品は大阪に本社を置く中堅の製薬会社ですが、新薬開発には約3,000億円という開発費が必要と言われ、開発したが実用化・成功するのは100に三つと言われるようなリスクが伴う事業です。小野薬品はがんの新薬開発にかけた企業です。

物語のはじまりは、本庶教授の研究室所属し、現在は奈良先端科学技術大学院大学準教授を務める石田靖雅氏(57歳)で、「細胞死」という現象を研究している時に発見したのが「OD-1」だったのです。発見した時は抗がん剤とは誰も気が付かなかった。当初は「うーんこれはいったい何や」となったと言われます。

本庶教授と石田氏はこの研究を連盟で発表したが、研究者からは反応がなかった言われます。新しい発見は懐疑的な感情を多くの人は抱くように思いますのでこれは人の自然の自然な反応だったのかもしれません。

小野薬品は10年以上前から本庶研究所に趣向させていて、開発の特許は小野薬品が動い費用負担をしたと言われます。

その後、石田氏は別の研究で渡米され研究は本庶研究室の引き継がれ研究が進められることになります。

やがて、がん治療の抗がん作用があることが発見されマウス実験が進められます。しかし、マウス実験で効果が得られても人では成功しないのが製薬の世界と家あれるくらい開発は難しいと言われる中で進められていきます。

当時は「免疫療法」は懐疑的な味方の風潮や「詐欺まがいのものとする見方もあり、小野薬品内部も色々な意見があったようですが米国のベンチャーのメダレックス社が共同開発に名乗りを上げ進んでいくことになります。この提携から開発は進み現在になったようです。

最先端の研究をする人は「まだ世にないものを生み出そ」うとまっとうにやっつている。多くに人はその価値に気が付かず「常識はずれ」だというばかりが多いです。小野薬品は研究者と共にリスク背負い進めた。そも結果オプジーボを作り上げることができたようです。

小野薬品の売り上げ高は13年度は1,432億円で17年度は2,618億円で18年度はどのような数値になるのでしょうか。

国の研究開発の予算は先進諸国の中でもかなり少ないと言われます。研究機関と企業が結びつきながら、次期のノーベル賞受賞されるような有能な研究者が生まれるような関係づくりができれば世界の頭脳として発展するのではと思います。

*製薬開発はドラマです。リアルですので記事も読みごたえがありますね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください