朝ドラ「まんぷく」のエピソード

NHK 朝ドラ「まんぷく」がはじまりました

朝ドラは見ないと一日がかじまらないという人もいます。朝ドラを見る人は多いですね。「「まんぷく」がはじまりました。日中戦争の軍需景気に沸く昭和13年の大阪です。今井家は母の今井鈴(松阪慶子 66歳)、長女の今井咲(内田夕紀 42歳)、次女の幸田克子(松下奈緒 33歳)そしてヒロインの今井福子(安藤サクラ 32歳)の明るく仲が良い家族が描かれています。

葛坂恵子さん多くの映画やドラマに出演され「西郷どん」で吉之助の母として出演されてる大女優です。内田夕紀さんも現在「西郷どん」で祇園の芸妓役として出演され、松下尚さんは「げげげの女房」でヒロインで出演された女優さんですね。

ヒロインの福子役の安藤サクラさんは、「万引き一家」で亡くなられた樹木希林さんとなどとも共演され個性豊かな方ですね。

「まんぷく」への出演依頼があったのは昨年の秋でしたが、6月に出産したばかりだったので、「子育てに専念しなくてはいけない」と考えていた時だっつたので「受けることができない」と考えていたそうです。

しかし、家族には芸能の世界に生き人が多く、役者のことをわかってい家族なればこその後押しもあり受けることに決めたと言われます。特に義理の母の角替和枝(女優)で義理の母に「この役をやらないんなら仕事も事務所もやめちゃいな」の言葉だったと言います。

義理の母は柄本明さんが夫でその子供が柄本佑(俳優)で、安藤サクラさんは柄本佑さんと結婚されている関係にあります。芸能生きる家族なればこその後押しだったようです。

主題歌は、ドリカムの「あなたとトゥラッタッタ」で苦しくてもあかるくしていようという」ようなないようです。現在福子は18歳の設定でもあり現実の年齢と開きもありとにかく明るく演技を使用と心がけられているようです。福子の明るい人物ならば少々の失敗も明るさの中で許されそうに思いますね。

「まんぷく」は史実が散りばめ垂れたドラマ

インスタントラーメンを作ったのは史実は、安藤百福で彼の人生も成功と失敗の繰り返しであったと言われます。22歳で独立しメリヤス販売で成功し軍需工場などを経営していましたが、資材の横流しの疑いにより逮捕されたこともあったようです。

戦後も色々な事業を行ったようですが、戦後の食糧難の中で食品に関心を持ち麺づくりを行い、即席麺開発に傾斜し、台所でてんぷらを揚げる妻の姿を見て麺を揚げることで世界発の即席麺を完成させたと言われます。

「まんぷく」はフィクション」ですが、安藤百福の史実が少しづつ散りばめられているようです。

仁子さんのお姉さんの一人は画家と結婚していて鳥の絵を沢山書いていたようです。また、一番上のお姉さんには白馬に乗った歯医者さんが何度もプロポーズに来られていたとかの話もありますね。

こうした史実が」もろこまれるとより現実味があるドラマとして今後が楽しみですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください