田舎の遊休地の太陽光発電の投資は価値がありますか

太陽光発電のイメージ

  田舎の遊休地の小規模発電

太陽光発電と聞くとどんなイメージを持たれるのでしょうか。自然再生エネルギーやクリーンエネルギー、投資だと思い浮かべられる方もあると思います。エネルギー投資に疑問を持たれたり、あまり儲からないと考えられる方も多いようです。

一時期、太陽光発電は政府の自然エネルギー政策で買い取り価格がkw40数円と高いに価格が示された時期がありましたね。

その時期、ソーラーパネルが各家庭で設置が進んだり、企業が太陽光発電に投資を行い、フトバンクなどはじめ大企業がメガソーラーを設置したなどのニュースにななり色々な業界も太陽光発電に参入したようです。

太陽光バブルなどと言われましたが、その後、電気の買い取り価格が下落するにつれて太陽光設置の動きが弱まったようにも思います。

投資としての太陽光発電の現代

田舎は自然再生エネルギーの宝庫と言われています。田舎では太陽光発電所が多く設置されるようになり、また、バイオマス発電や小規模水力発電所が設置されたりもするよになり小規模ではありますが自然江ネルギーによる発電も行われるようになってきました。

田舎は少子化、高齢化、人口減少が進んでいきますね。地域で何が起き、何が起きようとしているのでしょうか。

土地や農地の活用問題です。農地は遊休農地が増える現状にありますね。現在ではまだ、農業者が先祖代々の農地を守ろうとされています。しかし、そのあとの跡継ぎはと言えば、跡継ぎのいない厳しい実態にさらされる様相ですね。

しかし、一方では、農村は資源の宝庫でもあると思います。その太陽光発電を含めエネルギー資源を有効活用したならば新しい田舎が生まれてくるようにも思います。

自然再生エネルギー自給の村づくり、町づくり

現代社会は自然再生エネルギーが求められる時代でもあります。海外も自然再生円エネルギーへの転換がはかられ、自然再生エネルギーの先進国と言われるドイツの田舎で「地域エネルギー自給」が生まれていると言われます。日本でも田舎は資源の宝庫でもありますので「地域エネルギー自給」は可能かもしれませんね。

これからの時代エネルギーに焦点をあてたものが新たに生まれてくるともいわれますのでエネルギー問題は地域活性化の糸口かもしれません。

スポンサードリンク


太陽光発電は土地活用・投資が可能な条件が生まれているようです

遊休地が生まれる中で現在、大きな収益となることはりませんが収益は安定し、投資価値が生まれているようです。

*農地の場合は太陽光発電と農作物とのシェアリングが認られていますが、農業委員会や行政もからみ申請許可は手続きを踏まえて認可されることになります。

以前の太陽光発電と比べパネルなど設備が良くなり発電量が増え、また設備費も」安くなっていることで投資の価値が生まれています。また、電力会社も原子力発電をい行いながら、自然再生エネルギーなどによる電力供給を進めているのです。

また、個人が初期費用なし太陽光発電システムを保有することができるような仕組みも作られています。

<発電システムの例・おおよその額です>

*この発電システムは初期資金はいらず借り入れで導入することができます。借り入れ期間もご希望の期間に設定することができますね。

①8,8oo,000万円の設備費(全額借入)

②返済期間 15年

⓷年間発電量 4,400kw

④売電収入り+α= 910.000 円 (kw単価19.44円)

⑤借り入れ金の金利は1.95%の利率になっています。

この仕組みで一定の収入が得られることができると思います。

*災害などについてはすべて20年の保証され、保険対応となりますのでリスクはほぼないと思いますね。

*また保守管理もほとんどかからないと言われています。

*太陽光発電の材質も良くなり30年40年と長い期間稼働できるようです。返済ができれば収入は増えていくことになりますね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください