源氏物語から現代を紐解く・二十四帖・胡蝶(こちょう)

 絵巻

巻名の由来

紫の上:「花園の胡蝶をさへや下草に秋まつ虫はうとく見るらむ」

(秋を好むまつ虫(あなた)は、春の胡蝶までもつまらない思うのかしら)

秋好中宮:「胡蝶にも誘はれなまし心ありて八重山吹を隔てざりせば」

(胡蝶に誘われてそちらに行きたいわ。八重山吹の隔て(厚い心の隔て)がなかったらですけれど)

*胡蝶は蝶のことですが中国の道教の思想家の一人の荘子の説話「胡蝶の夢」・目的意識に縛られない自由な境地の事と言われます。平安時代は中国の思想が多く取り入れられるようになっている時代です。

*貴族たちは神仙思想の影響も受け、住まいや庭造りにも取り入れ不老不死の世界を作ろうとしているようです。

スポンサードリンク



胡蝶のあらすじ

<春の祭り・竜頭鷁首の進水と玉鬘のデビュー>

三月二十日過ぎ、六条院は春爛漫の景色に包まれています。源氏は作らせておいた竜頭鷁首(リュウトウゲキシュ)の船の進水式多くの人を集めて盛大に執り行います。

中宮(帝の后)は気軽にお越しできない身分であることから、中宮の女房たちを招待します。(この時の歌がこの帖の題になっています)

唐の衣や唐の船など唐風に飾り、管弦樂の宴は唐に来たような雰囲気や蓬莱山にあるという不老の地を思い浮かべるようなものになっています。夜になっても篝火がつけられ管弦の演奏が続きます。

 琵琶演奏

また、この宴は玉鬘の社交界へのデビューの日でもありました。

この祭りは中宮の女房たちにをはじめとして評価され源氏の名声は高まることになります。

源氏の予想どおり玉鬘は評判になる

玉鬘は評判の的となり沢山の手紙が寄せられるようになります。その中には柏木の中将(頭中将・玉鬘の父親)の長男も実の妹とは知らず手紙が書かれていました。

源氏は玉鬘に寄せられた手紙の内容をアドバイスという形を取りながら自分の下心を隠しています。

玉鬘の本心は実の父親に出会いたいと思っているのですが、手紙を見ながら源氏は話をします。

源氏:「まだお若くてご何も存じない年頃で、長い間会わずいらっしゃった親兄弟の中にお入りになるのはどんなものかと思案しているのです。

やはり普通の女の人の落ち着くように落ち着いてこそ、一人前です。宮様は独身でいらっしゃいますが、女も多い噂です。

(女を)多めに見る女の人であれば穏便に済ませることが出来るが、少しでも嫉妬の気があると主人に嫌われ、注意が必要ですね。」

玉鬘:「今になって、どんな場合に、産みの親を探したりいたしましょう。かえって困りますことでしょう」「実の親と申す方でも最初kら一緒でないものは。とてもこれほど可愛がっては下さらまい」

*玉簾は本心を隠して語っています。源氏の巧な言葉や策略の中でしか生きられないという状況が作り出されていますね。現在でいうマインドコントロールとか、パワハラなのでしょうか。

玉鬘に迫る源氏

源氏:「懐かしい昔の夕顔と思って見ると、別の人とは思えなくなる。このようにお世話するのは夢かと思うが、夢であっても我慢できそうにない」

玉鬘:「懐かしい母とお思い下さるのなら、私の身まではかなくなりませんかしら」

源氏に手を取られた玉鬘はうつ伏してしまいます。しかし、その姿は魅惑的で源氏は恋の苦しみが加わるように思います。玉鬘は源氏のそんな行為がうっとうしくて途方にくれ体も震えています。

源氏は「どうしてそんなに嫌うのです。うまく隠して他人に見とがめられにように用心しなさい。深い親子の愛情にさらに別の愛情が加わるのだから世にもまれな愛と言う気がする。私を求婚者以下に扱ってはダメですよ。私のように深い愛情の持ち主はこの世にいるわけがないのだから」

などと言い玉鬘の弱みに付け込んで言い寄っていきます。

*若い時の美しい源氏であれば多くの女がなびきましたが、36歳の中年にさしかかる源氏のそのパワーはなくなってきています。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください