二日酔い・対策方法 ・適量のお酒は健康に良い

お酒を飲む機会が増える時期ですね。二日酔いはつらいものです。その時はもう飲まないと思うものですがついつい飲み過ぎてしまいます。

二日酔いになりやすい人はチェックです

1,一週間で休肝日がない人

2,空爆時に飲むことが多い

3,飲み始めたら、つまみは余り食べない

4,最初の一杯を美味しく野麦ため、飲む前に水分をとるのを控える

5,お酒を飲んでいる時に他の人よりも上機嫌になる

6,お酒を飲むことが、ストレス解消になる

7,日頃、疲れやストレスがたまっている

8,風邪気味である

9,少しお酒を飲んだだけで顔が赤くなる

*三つ以上当てはまる人は要注意ですね。

予防方法

1,空腹状態でお酒を飲まない

アルコールは、胃で2~3割り、腸に7~8割吸収されていきます。胃に何もない状態ではアルコールが早く吸収されることになります。早く酔っぱらってしまいます。

2,飲食中に一緒に水も飲みます。

胃への刺激を和らげ、酔いのまわるスピードを緩やかにして深い酔いしにくくなります。

3,食べながらお酒を飲む

お酒の吸収速度を抑えてくれます。

4,寝る前、起きたあとにみずからまたわお茶を飲む。

酒類の一日平均の適量

ビール中   一本程度

日本酒  一合

ウイスキー  ダブル一杯

ワイン  4分の1本

人によっても違いがありますが、目安になります。

二日酔いになった時

1,スポーツドリンクなど吸収しやすいもので水分補給をします。

2,コーヒーや緑茶などカフェインは利尿作用があり効果的です。

3,シシミやアサリの味噌汁などは必須アミノ酸やミネラルかあり肝臓の働きを助けてくれます。

4,お粥やスープなど胃に優しく消化が良いもを食べます。

お酒は「百薬の長」と言われています。適量のお酒で楽しいお酒にしていきましょう

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください