ビットコインと仮想通貨の疑問・通貨を考える

ビットコインや仮想通貨の話をよく聞くようになってきました。ビットコインや仮想通貨について否定的な見方、肯定的な見方があります。それぞれ見方や考え方があるようですね。しかし、ビットコインや仮想通貨について双方の見方で書かれたものが少ないように思えます。

ビットコインや仮想通貨を考える前に果たして通貨とは何なにかを考える必要があるように感じました。私たちは日々お金と共に暮らしているのですが、お金とは何なのか、わかっているようで、わかっていないのかもしれません。

私たちはネット社会で生きています。電子マネーもあります。カードであらかじめお金をチャージして置き使うものですが、楽天Edy、WAONや交通ではSuica、PASMOなどもあります。また、クレジットカードもあります。これらはご承知のように銀行口座と結びついているものです。ネットを使った決済方法で日ごろ慣れ親しんでいる仕組みは、ネット社会で生まれてきたシステムですね。こうした社会の中で、仮想通貨・ビットコインも生まれてきています。

仮想通貨は、実は私たちはそれに近いものを日々使っているのです。例えば、ポイントも仮想通貨と言えるものです。現金に換えることはできませんが、商品と交換(買う)することが出来ます。生協はポイントを出資金として扱っているところもあります。そこには、お金・日本銀行券は使われていませんが通貨として機能しています。

ビットコイン・仮想通貨とは

ビットコインは仮想通貨と言われるもので、ビットコインを購入すると、ウオレットと言われるクラウドで保管される個人財布で保管されます。コインを手に取ってみることが出来ない通貨です。そのウォレット(財布)に入っているビットコインを使ってネット上で買い物をしたり、送金をしたり、投資したりができるものです。ゲーム内通貨と言われるものと似ていますが、ゲーム内通貨は売買ができませんので大きく異なります。

仮想通貨が考えだされたのはそもそも、海外への送金で経費がかからずスムーズに送金できるシステム開発の考え方から開発されてきたと言われます。開発途中で幾多の失敗もあったようですが、ようやくビットコインが「サトシ・ナカモト」により発明され今日に至っているようです。発明者の「サトシ・ナカモト」は日本人の名前ですが、正体はなぞに包まれたままです。

ビットコインはブロックチエーンという新技術にによって生まれた「仮想通貨」であり電子データで表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」です。また分散型ネットワークにより、運営者は参加者であり相互の取引きが明確になるシステムと言う参加者全員による民主的運営で国や特定の個人や会社が運営しているものではない通貨です。「国境のない通貨」と言われ各国で共通に使える通貨です。

ビットコインはどんな使いかたができるのか

日本では2017年に「仮想通貨法」が成立して「仮想通貨」決済方法の一つとすて認められました。金融庁は仮想通貨取引所を11社を認可しています。

「仮想通貨」の利用の仕方はスマホ一つがあればいたって簡単に開始ができます。スマホからアプリをダウンロードしてメールアドレスの登録、写真や身分証明を送ると取引開始ができます。使い方はシンプルです。

①入金する

②出金する

③コインを買う

④コインを売る

⑤コインを送る

⑥コインを受け取る

の使い方ができます。

ビットコイン・仮想通貨は商品の売買で使えるものですが、日本ではビットコイン・仮想通貨を使える店は少ない現状ですが、今後どのようになっていくのかわからないですが、仮想通貨の需要が急速に拡大していると言われ、使えるところが増えていくのではないかと思われますね。

現状は投機目的と海外送金で手数料があまりかからないことから送金目的として関心が高まっているようです。

仮想通貨への投機

仮想通貨へ投機すれば大きな利益が得られることも起きてきた経過もあり、投機に関心が高まっています。しかし、株価と同じく乱高低が激しいものです。インターネットの知識のない人も買ったりしている現状もあると聞きます。また、詐欺まがいもあるかもしれませんね。一定の知識を得て投機は考えられることが望ましいと思われます。

仮想通貨で一番普及しているのが「ビットコイン」で二番目がイーサリアムですが、資産管理のプラットホームと言われています。仮想通貨も色々ありますので良く調べながら利用することが必要と思います。

仮想通貨について投機は破綻するとか否定的な見方をする方もありますが、確かに色々な問題点を抱えた通貨ですが、世界でこれだけ広がっている仮想通貨は今後ますます伸びていくものと思われます。

通貨とは何か

「交換」と言われます。そこには「信用」言う文字もついてまわるようです。私たちが日ごろ使っている「日本銀行券」も日本」政府を信用して使われていますね。経済がゆがむとハイパーインフレなどと言われる貨幣価値がなくなることもあります。経済は生き物という人もいますが、どこでどうなるかわかりませんね。金融危機と言われるものが幾度ちなく起きてきています。

物物交換が貨幣の元になるものだと言われ、ひと昔前は金(きん)を中心とした「金本位」などという制度もありました。時代によって貨幣も変化していくものですね。

仮想通貨はインターネットの普及で生まれてきた貨幣ですが、今後インターネット世界がどのようになるのか予想ができませんがインターネット世界は益々ひろがっつて行くと思われます。仮想通貨はなくなることはないでしょう。時代と共に変化しつづけていくものと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください