認知症を防ぐ対策ができるのか・週刊東洋経済から知る

高齢化が益々進んでいます。75歳まで働き続ける

「週刊・東洋経済」に「認知症と付き合う」という特集が組まれていました。また色々な雑誌「認知症」についての特集が良く組まれるようになってきました。

長年働き定年が近定年後のはゆっくりと過ごしたいと考えていた時認知症となってしまったというようなことは最悪ですね。認知症について考えてみることにしました。

高齢化が進んできています。日本は高齢化社会の先進国と言われることもあります。高齢者も元気な高齢者であり続ければよいのですが、認知症の高齢者もいますね。

厚生労働省の推計では、2025年に認知症高齢者は約700万人になり、このまま推移すれば1,000万人を超え、高齢者の三人に一人が認知症になることもあり得る話となります。

家族の誰かが認知症となれば介護は大変ですね。私も家族に認知症の家族を抱え苦労をしています。

認知症の予防はそして認知症とどうつきあうのか大きな課題でもありますね。

認知症の対策をすることが医療技術や社会保障制度の整備で対応な状カ況になりつつあると言われますが、「認知症」について今一度考えることが必要かもしれません。

社会保障制度も変わってきましたが。年金額も減額され、年金支給開始年齢ももっと伸びるかもしれません。制度もこれから変わっていくことと思います。

「75歳まで働き続ける」などの声も聞くようになりました。 高齢も元気で働いている人を多く見るようになってきましたね。100歳を超える人も良く見かけます。知っている人で腰は曲がっていますが100歳を超えても田畑で働いておられる姿を見ることもあります。

高齢化社会の進行は社会を大きく変えていくと思います。どんな社会になりますことやらですね。

“認知症を防ぐ対策ができるのか・週刊東洋経済から知る” の続きを読む