源氏物語から現代を読み解く・三十三帖 藤裏葉(ふじのうらば)

藤裏葉の帖の由来

内大臣は夕霧と雲居の雁のことを考えて、古歌を思い起しています。

「春日さす藤の裏葉のうらとけて君し思はば我も頼まむ」

(春の光さす藤の浦葉の裏・心ではないが、心を許しあって互いに助け合おう)

“源氏物語から現代を読み解く・三十三帖 藤裏葉(ふじのうらば)” の続きを読む