源氏物語から現代を紐解く・三十二帖 梅枝(うめがえ)

源氏物語は現代にも通じる知恵が盛り込まれていすね。源氏物語は色恋の話ばかりでなく、政治や経済、宗教観など多様に描かれています。現代に通じます。これが宮廷の雅な世界を知ると同時に魅力だと思います。

梅枝(うめがえ)の帖では源氏の結婚感が語られていますが、結婚しない人や出来ないと思う人などが生まれる現代でも参考になるかもそれませんね。

“源氏物語から現代を紐解く・三十二帖 梅枝(うめがえ)” の続きを読む