源氏物語から現代を紐解く・三十一帖 真木柱(まきばしら)

真木柱の帖の由来

黒髪の娘の真木柱(まきはしら)からつけられてていますが、黒髪の娘が館を去る時に歌われた歌があります。この歌からつけられています。

*源氏物語は歌が読み込まれた読み物ですが、歌は源氏物語にとって重要な意味をもっていますね。

“源氏物語から現代を紐解く・三十一帖 真木柱(まきばしら)” の続きを読む