源氏物語から現代を紐解く・三十帖 藤袴(ふじばかま)

 藤袴

藤袴の題名の由来

*夕霧と玉葛の歌からつけられています。

夕霧:「同じ野の露にやつるる藤袴あはれはかけよかごとばかりも」

(あなたと同じ野の露に濡れしおれている藤袴、蘭の花です。かわいそうだと言ってください。申し訳だけにでも)

玉鬘:「尋ぬるにはるけき野辺の露ならば薄紫やかごとならまし」

(もとをただせば遠く離れた野の露ですから、うす紫のゆかりとはいいがかりでしょう。)

“源氏物語から現代を紐解く・三十帖 藤袴(ふじばかま)” の続きを読む