源氏物語から現代を紐解く・二十九帖 行幸(みゆき)

行幸とは何

 行幸

行幸は「みゆき」とも「ぎょうこう」とも言われるものです。現代の天皇制度においても使われていますが、一般的には馴染みのない言葉ですね。天皇や皇族の外遊のことです。

朝廷の権威示すものとして御所車や装束も飾りたてて年に何回か計画されていたようです。

現代でもテレビなどマスメディアなどが、天皇が各地を見て回られている様子が流されていますがこれも「行幸」とも言えると思います。正式には宮内庁の文書に記載され、制度が現代でも残り、行幸は行われています。

“源氏物語から現代を紐解く・二十九帖 行幸(みゆき)” の続きを読む