源氏物語から現代を紐解く・二十八帖 野分(のわき)

野分のあらすじ

秋好む中宮は里帰りし六条院の庭で花を植えられていますが、例年より色とりどりに美しく咲き、花々を見て爽やかな気分に浸っておられます。しかしそこにそこに野分(台風)がきて吹き荒れます。

“源氏物語から現代を紐解く・二十八帖 野分(のわき)” の続きを読む