夏は揖保の糸(ソーメン)が美味しいと思う訳

  中華風ごまあんかけソーメン

夏はソーメンが美味しいです。夏はソーメンが心にしみます。中華風ごまあんかけソーメンを作りました。とても美味しいです。

食の文化と言えば難しく感じますが、食と思い出は結び付き、心にるように思います。年配の方であれば、縁台とソーメンと井戸水で冷やしたスイカ,香取線香などの懐かしイメージを持たれる方もあるかと思いますね。

そのように食と楽しい思い出が結びついていくものと思います。

なぜソーメンなのか?日本の大切にしなければならない文化がなくなりつつあると思っているからなのです。

文化はカルチャーですが、耕すという語源を持つと言われますが、耕すことは農業です。農業は食となります。

日本は穀物の生産は麦を作り、麦の後に米をつくるという二毛作の栽培形態でした。いつしかその形態もなくなりました。その麦でソーメンが作られて来た歴史があります。

そうした中で豊かな日本の文化が作られてきた歴史があります。ソーメンも日本の原風景とおもうのですがどのように感じられるでしょうか。

“夏は揖保の糸(ソーメン)が美味しいと思う訳” の続きを読む