恩田陸のチョコレートコスモス秋の読書にピッタリ

「チョコレートコスモス」は演劇の世界の小説

読書の秋と言いますが、過ごしやすい季節になっ来ました。本を読むのは心地よいものです。本は知識の宝庫でもあり知的財産にもつながっていきます。恩田陸さんの「チョコレートコスモス」を読んでいますが「演劇」という日常にあまりなじみのない世界が描かれ、小説とは言うもののリアルに伝わり面白い小説だと思います。

“恩田陸のチョコレートコスモス秋の読書にピッタリ” の続きを読む