天皇と元号は神話の世界

新元号が制定される

天皇が生前退位となり現皇太子が天皇に即位されることになります。元号は天皇制度の中で元号が制定されることになりますね。

日程は、2019年4月1日に発表されます。5月1日から変わりますね。

新元号は十数個に絞りこまれていると言われます。

元号という文化は中国から渡ってきたものなので、元号の名称は中国の古典から引用されています。

「平成」の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」に由来します。天地、内外とも平和が達成されるという意味を持っていると言われます。

選定は次ようなことが基準とされます。は

①国民の理想としてふさわしいような、よい意味を持つものであること。
②漢字2文字であること。
⓷書きやすいこと。
④読みやすいこと。
⑤これまでに元号または送り仮名として用いられたものでないこと。
⑥俗用されているものでないこと。

とされていますが、さてどのような元号になりますか?あなたの予想は・・・

色々と予想をされている方がありAIでの予想もあるようです。

元号が変わると言うことはカレンダーをはじめ色々なところに影響が出てくることになります。元号について色々な考え方がありますが、あなたはどのように考えますか。元号が変わることは日本にとっては大きなことですね。

昭和や平成は「平和」な世の中を願ってつけられたと言われます。今回の年号も「平和」を願った元号がつけられ、平和な世の中になっていけばと思います。

“天皇と元号は神話の世界” の続きを読む

甘酒は美味しい!心と体を温める甘酒の作り方

甘酒の作りは二種類あります

甘酒は美味しいものです。

甘酒はお酒が入っているので飲めないという人もいます。甘酒づくりには①麹から作るものと②酒の粕から作るものとがあります。

お酒がいやで飲めないと言う人は酒の粕を溶いて作る甘酒で、絞りかたで酒が多く残る酒粕もあります。

酒粕

酒粕も美味しくて大変栄養価の高いもので野菜や魚の粕漬けかす汁など料理にも良く使われるものです。

“甘酒は美味しい!心と体を温める甘酒の作り方” の続きを読む

中谷美紀の教養と魅力・手書きの手紙は感動する

(中谷美紀さん)

中谷美紀さんがドイツ人のビオラ奏者で二年に渡る遠距離恋愛のご結婚ということで直筆で結婚報告のコメントが寄せられていますが、達筆ということでネット界を賑わしているようです。この筆跡で性格の分析がされているところもありますが知性的な人物との結果となっているようです。

中谷さんの手書きの文書は書いているところの内容によって字の大きさを変えるなど色々なところに心使いがあるようです。達筆すぎて読めないという方もあるようですが、手書き文書になれない方もあるように思います。中谷さんの手書き文書は見ていて何か心が和やかになったように感じますね。

(中谷美紀の手紙)

子供の結婚式で、子供のお友達のと言う、女性の方から結婚式の打ち合わせの案内を手書きいただいたことがありましたが、達筆で内容も丁寧で現代でもこんな方がおられるのかと感動したことがありました。

最近は手書き文書が減っているように思います。テクノロジーの発展で手書き文書は処理が進まないこともあると思います。近年では役所などへの各種申請文書は手書きでは受付されないと言う話を聞いたことがありますが、手書きでそれも毛筆で書けたらいいなと思います。

“中谷美紀の教養と魅力・手書きの手紙は感動する” の続きを読む

鬼と神と京都

鬼と京都

 吉田神社の節分祭

 

京都の秋は紅葉が美しく、平安時代の雅な都人の暮らしを思い浮かべてしまうものです。しかし、当時、都は「鬼」などが横行し、安心できるところではなかったと言われます。

この鬼たちを退散させるため、祈祷などを行い退散させるなどが行われ、陰陽師 安倍晴明などが活躍していた時代でもありました。

秋となるとなぜか鬼の存にが気なります。紅葉が進む鬼伝説の「大江山」に行くと鬼たちの騒ぎ声が自然の中で騒いでいるような気がしました。
“鬼と神と京都” の続きを読む

戦国時代の謎を探る・知将の武将

戦国時代は謎だらけ

戦国時代は映画やドラマばどで扱われていますが、比較的史実が解明されているのではないかと思われがちですが謎は多いですね。

戦国の世は毎日のように戦さが行われていたかと言えば、戦をするためには準備頭脳を使い準備を整えて戦っていたようです。また、武芸が優れたものだけが優れたものではなく頭脳を働かせ生き残っていったようです。

戦国の世も現代にように生き残るためには知性や教養は必須条件であったようですね。

戦国時代の武将たちはどんな考え方で戦国の世を生きていたかは残された資料も少なく謎も多いです。

“戦国時代の謎を探る・知将の武将” の続きを読む

認知症を防ぐ対策ができるのか・週刊東洋経済から知る

高齢化が益々進んでいます。75歳まで働き続ける

「週刊・東洋経済」に「認知症と付き合う」という特集が組まれていました。また色々な雑誌「認知症」についての特集が良く組まれるようになってきました。

長年働き定年が近定年後のはゆっくりと過ごしたいと考えていた時認知症となってしまったというようなことは最悪ですね。認知症について考えてみることにしました。

高齢化が進んできています。日本は高齢化社会の先進国と言われることもあります。高齢者も元気な高齢者であり続ければよいのですが、認知症の高齢者もいますね。

厚生労働省の推計では、2025年に認知症高齢者は約700万人になり、このまま推移すれば1,000万人を超え、高齢者の三人に一人が認知症になることもあり得る話となります。

家族の誰かが認知症となれば介護は大変ですね。私も家族に認知症の家族を抱え苦労をしています。

認知症の予防はそして認知症とどうつきあうのか大きな課題でもありますね。

認知症の対策をすることが医療技術や社会保障制度の整備で対応な状カ況になりつつあると言われますが、「認知症」について今一度考えることが必要かもしれません。

社会保障制度も変わってきましたが。年金額も減額され、年金支給開始年齢ももっと伸びるかもしれません。制度もこれから変わっていくことと思います。

「75歳まで働き続ける」などの声も聞くようになりました。 高齢も元気で働いている人を多く見るようになってきましたね。100歳を超える人も良く見かけます。知っている人で腰は曲がっていますが100歳を超えても田畑で働いておられる姿を見ることもあります。

高齢化社会の進行は社会を大きく変えていくと思います。どんな社会になりますことやらですね。

“認知症を防ぐ対策ができるのか・週刊東洋経済から知る” の続きを読む

西郷どんは温泉好きだった・温泉はいいね

秋は温泉の旅

食と味覚、読書、芸術、旅など沢山なことが浮かんできますね。温泉もその一つに加わると思います。日本に温泉は沢山あります。古くからある歴史を刻んだ名湯と言われる温泉から近年掘られた温泉まであります。猪が掘った温泉があるとの噂も聞いたことがありますね。温泉だらけの日本列島です。

歴史を作った人物も温泉好きの人たちはたくさんいますね。大河ドラマの「西郷どん」も温泉好きだったようです。また、坂本竜馬もお龍と温泉への新婚旅行に行っています。

秋は旅行の季節ですね。歴史に名を残した人物の足跡をたどった温泉旅行も良いかもしれませんね。

“西郷どんは温泉好きだった・温泉はいいね” の続きを読む

鬼とハロウインとまつり

鬼とハロウインを旅する

日本列島には鬼にまつわる話、西洋には悪魔や魔女の話が沢山あり、物語にたくさん登場してきますね。

秋から冬にかけて鬼や魔女の祭りが多く開催される季節でもあります。西洋の文化ではハロウイン、日本では節分はよく知られる祭りなのではないかと思います。こうした各地にある祭りに行って見ると、心に残るものが生まれるかもしれません。

“鬼とハロウインとまつり” の続きを読む

朝ドラ「まんぷく」・時代を超えて時を刻む

朝ドラ・[まんぷく」

朝ドラが新しく始まりますね。朝ドラと一般的には呼ばれていますが「連続テレビ小説」今回はと第99となりインスタントラーメン開発の話ですね。朝ドラがご当地を紹介するドラマとも言われていますが、大阪を舞台としたドラマで制作もNHK大阪による製作となるということです。

ドラマは戦前の激動の時代の中でラーメンの世界的な革命を起こしていく物語で主演の今福福子は安藤サクラさん、青年実業家としては長谷川博己さんで出演される役者さんも実力者ばかりですのでどのようなドラマになるのか楽しみです。

“朝ドラ「まんぷく」・時代を超えて時を刻む” の続きを読む