新型コロナウイルスとパンデミックと暮らしと仕事を考える

これは現実なのか、パンデミック

世界が新型コロナウイルスに襲われる。ウイルス感染で町から人が消え人の活動が制限されてしまう。世界で何が起こっているのでしょうか。

「私たちを取り巻く環境は COVID-19 によって一変し、日々変化し続けています。需要とトラフィックの変化、在宅勤務による作業効率の変化など、それぞれのビジネスが抱える問題はさまざまですが、誰もがなんらかので大きな影響を受けています。」

Googleからこんな文章が届いていました。

新型コロナウイルスは世界中で蔓延し「パンデミック」という事態となっています。感染症の世界的流行を現す言葉です。

感染症歴史の歴史はエジプトのミイラから天然痘痕跡が見られたと言われ、人と感染症の関係は現代に続いているようです。

日本の古文の「源氏物語」や「方丈記」でも書かれていますね。

NHKスペシャルでパンデミックとどう闘うかの番組があり見ましたが、興味深いものでした。

パンデミックとどう闘うか1「SARSと闘った男~医師ウルバニ 27日間の記録」

これまで世界的な感染症はありましたが、日本で発症しなか「三密」と言われる密集、密接、密接を避けるったものがあり、身近な問題として考えきれなかったことから日本の新型コロナウイルスへの対応に遅れがあるのではないかと指摘されています。

新型コロナウイルスの対策は各国で外出禁止や「三密」と言われる密集、密接、密接を避けることや手洗いやうがいを行うなどの施策が実施されていますがいつ収まるのかと先行きが心配されています。

新型コロナウイルスの治療薬は幾つかの薬があり、効果があると言われたりもしています。。また、ワクチンの研究が進められていますが、確実に効果があるものはまだないようです。

最大の対策は感染しないように人と接触しないことのようです。しかし、完全には出来ないと思いますのでマスクなどをして警戒をすることで防ぐことだと言われています。

私たちは仕事をして生活をしています。人と出会い、話すことで仕事は成り立ち生きていますが、人との接触が制限されると仕事ができなくなり生活が成り立たちませんね。これには政府の手厚い生活擁護の施策が求められます。

しかし、政府の施策だけで暮らしはなりたつのか・・・?私たちは厳しい生き方の選択を求められることもあると思われます。

の厳しいですね。

パンデミックとこれからに時代

新型コロナウイルスのパンデミックについては「世界恐慌以来」の経済危機と言われはじめました。これからどのようになっていくのでしょうか。

これから新型コロナウイルスが終息したとしても、新な新型ウイルスが生まれると思います。そんなウイルスが生まれるとパンデミックとなるかも知れません。感染症との闘いがこれから繰り返ししていくことになりそうですね。

今回の新型コロナウイルスでこれから私たちの仕事や暮らしの有り方を変えざるを得ないことになるかもしてません。仕事も在宅ワークも多くなるかも知れません。いずれにしてもインターネットやテクノロジーを使う場面が増えていきそうですね。

現代は人間が世界を支配しているように思われがちですが、現実は細菌や微生物などが世界を支配しているのではないかと言われることを聞いたことがあります。

人に災いをもたらすウイルス類や人に恵をもたらす発酵は、お酒や納豆など美味しさを作り出す酵母類などがありますね。目に見えないものは多くあり、発見されていないものは無数にあるようです。

ウイルスや酵母など悪影響なものや有効なものなどこれまで以上に、ウイルスや微生物研究は進んでいくかも知れませんね。

いずれにしても私たちは色々な知恵を発揮する時代になってきたようです。

&スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください