朝ドラは「スカーレット」その意味は?この秋はロケ地・信楽焼の旅

朝ドラ・スカーレットは面白そう

滋賀県の信楽焼きのドラマですが、時代は前ドラマの「な

つぞら」につづいて戦後からの話です。「スカーレット」も焼き物を通じて戦後の混乱した時代からら復活していく日本の中で生き生きと生きるヒロインやヒロインを取り巻く人々の姿が描きだされていくと思います。戦後の時代を思い起す方もあると思います。

「スカーレット」意味は何なのか

連続テレビ小説も今回で101となるそうです。「スカーレット」戦後から高度成長期に活躍する滋賀県の信楽焼きの女流陶芸家の話ですが、初回から高視聴率となって言うらしいです。

ヒロインは川原喜美子として戸田恵梨香さnですが、映画やテレビで大活躍されている女優さんです。現在31再でスカーレットで女子学生を演じられることでネット上で話題になっていますね。

秋、陶芸、信楽など聞きますと旅や食を連想してしまい紀道が騒がしくなってしまいます。

「スカーレット」意味は・・・

スカーレット(緋色)=信楽焼の理想

ドラマタイトルになっている英語「スカーレット(scarlet)」は色の名前であり、一般的には日本語における「緋色(ひいろ)」「真緋(あけ)」に当たる色とされます。 言葉で説明すると、「黄色がかった赤」ですね。
朝ドラ「スカーレット」タイトルの意味 ヒロインの人生を暗示? | ロケTV

朝ドラ「スカーレット」タイトルの意味 ヒロインの人生を暗示?

でタイトルは決められたようです。

緋色と聞けばシャーロックホームズの「緋色の研究」を思い起しますが、書かれていることは人生は色糸がからもあっているがその中から緋色の糸を探る出すようんあものと書かれ緋色は事件真相のことだと言われています。

朝どらの「スカーレット」信楽焼焼きの緋色の色を引き出すことと同時に陶芸家としての人生を引き出すことが描変えているドラマなようです。

芸術の秋でもありますが。これからどんなドラマになっていくのか楽しみになりますね。

の本六古窯・信楽焼きの旅

信楽焼きは日本の焼き物の六古窯の一つと言われています。焼き物の里は現代では電気やガス窯などが使われていますが、以前は土やレンガでつくっつた穴窯やのぼり窯などで焼かれ焼き物の里の雰囲気がありました。「炎の芸術」といわれ穴窯や登り窯で蒔きを窯で燃やし1200度と言われるような高温で焼かれていました。

窯の中を覗くとすけるようなオレンジいろしたきれいな焼き物が見れました。感動したことを覚えています。

信楽秋の旅も良いと思いますね。ロケ地を巡る旅も良いかも知れませんね。秋は芸術、食、読書、旅などと過ごしやすい季節ですのでこの秋沢山の思い出を作るのも良いと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください