撮影と観光・棚田百選・秋を味わう旅

棚田百選

 京都府大江町毛原の棚田

「棚田」は日本の原風景として関心を持つ方が多いようです。

『ウィキペディア(Wikipedia)』

棚田とは検索に移動

棚田(たなだ)とは、傾斜地にある稲作地のこと。傾斜がきつく耕作単位が狭い状態において、水平に保たれた田が規則的に集積し、それらが一望の下にある場合は千枚田(せんまいだ)とも呼ばれる。英語では、 rice terraces と表現される。

また、棚田と同様に傾斜地を段状にしたは、段々畑(だんだんばたけ)という。とは何

田百選

棚田百選とは

1999年7月農林水産省によって、日本全国の117市町村、134地区の棚田が「日本の棚田百選」に認定されたものが「棚田百選」と呼ばれています。

「日本の原風景」などと言われますが、棚田がつくられてきた歴史を見ると「日本の原風景」だと思いますね。日本の風景はかなり変わってきています。

田舎では太陽光発電のパネルが設置されるところもあり田舎の風景も変わってしまっているところもありますね。太陽光発電パネルもやがては日本の原風景になるのでしょうか?

収穫時期の棚田の一角で黄金色の収穫時期間近な稲を見て古代の人々の心象を思いえがいています。

 京都府大江町毛原の水車

日本の耕地は山間部や傾斜地が多いですが、水は高いところから低いところに流れることから、棚田は機械化されていなかった時代には理に適った水田だとも言われています。

現代では大型機械がはいり、ロボットによる耕作が行われるようになっていますが、「棚田」をどのように考えて、未来に残していけばよいのでしょうか?

日本の農村部は過疎化が進んでいっていますが、「棚田」の維持は今後どのようになっていくのでしょうか?棚田を考えることは日本の農村の有り方を考えていくことにつながるようにも思えます。

棚田を眺めて写真撮影

「棚田」では色々なイベントが開催されていますが、こうしたイベントに参加するのも良いと思います。

棚田を旅する

棚田を旅することは自分の心象を見ることとつながるかも知れませんね。現在都会で住まわれている方も出身をたどれば田舎だったと言う方が多いと思います。

棚田は日本人の心に深く根差した風景かも知れませんね。味覚の秋でもあり、棚田で収穫された新米を味わい、棚田風景の撮影の旅も良いと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください