年金制度と暮らし・社会保障制度の今後

年金制度について関心が高まっています

高齢化社会の日本で老後どれくらいのお金が必要なのかと言うことですね。誰でも老後はお金のことで余り心配がないように暮らしたいと思っていると思います。政府から老後の生活費は○○〇〇万円などと言われると考えてしまいますね。

2,000万円などと言う数字が公表されていますが、計算をすれば導かれる数字のようです。

暮らしにかかってくる経費は人や家庭により大きく違います。考え方によっても変わると思います。

年金問題が週刊やテレビなどで良く取り上げられるようになってきました。「年金はいくらもらえるのだろうか?」「年金は破綻するのか」「年金で老後は暮らすことができるのか」など老後の生活費のことが心配になってきます。

年金・社会保障制度とは何

日本の年金制度のはじまりはいつなのか?

日本における年金制度のはじまりは軍人の恩給や船員保険からだと言われます。

<『ウィキペディア(Wikipedia)>

日本で最も古い年金は、軍人への恩給であり、1875年に「陸軍武官傷痍扶助及ヒ死亡ノ者祭粢並ニ其家族扶助概則」と「海軍退隠令」、翌1876年に「陸軍恩給令」が公布された。その後、公務員を対象に別々に作られた恩給制度を一本にまとめ、1923年に「恩給法」が制定された[要出典]

日本初の企業年金鐘淵紡績(クラシエブランドやカネボウ化粧品などの源流となる、後年カネボウとして知られた紡績会社)の経営者、武藤山治ドイツ鉄鋼メーカの従業員向け福利厚生小冊子1904年に入手し、研究後、翌年1905年に始め、その後三井物産なども始めた[要出典]

民間の公的年金としては、海上労働者を対象とした1939年公布船員保険法を根拠とする年金が実施されている[13][14]

それから、厚生省の設置や国民健康保険法の制定など社会保障政策を進めいていた当時の近衛内閣で厚生省官僚だった花澤武夫らによりナチス・ドイツの年金制度を範として労働者年金保険法1941年3月11日に公布、1942年6月に施行した[13][14]。導入の際には戦時中ということで大蔵省及び大日本帝国陸軍から反対があったものの、支払いは数十年先のことであり、当面は戦費調達を目的として日本の国民皆年金制度は始まった。

労働者年金の対象事業者は、従業員10人以上の事業所に働く男子筋肉労働者であり、産業は鉱業、工業、運輸業などに限定されていた[13]。年金基金は大蔵省預金部が運用し、完全積立方式で運用された[13]

労働者年金の給付内容は以下である[13]

年金制度の歴史を紐解いてみると、時代や情勢のなかで変わってきていますね。日本は子供の人数が少なくなり、高齢化が進んでいますが、働く人の人数が減り、年金収入が減るとなると考えてみれば年金は厳しいことになることは誰が考えてみても「厳しいな」と言うことになると思います。

今後、日本はどのようになっていくのでしょうか。将来を見通すことはかなり難しいと思いますが、過去において、厳しい中でも現在の年金を制度化してきた歴史があります。

現在、「将来年金制度が破綻」とか「老後の生活に2000万円必要」だと言うようなことが耳に入ってきますが、現在の状況においてそんなことになるかも知れないと言う不安はあると思います。

しかし、本当にそんなことになるのでしょうか?老後の生活については各人で違いがあり一律に考えることが出来ないと思います。また、年金制度や社会保障制度についても、なるかならないかわかりませんが「ベーシックインカム」と言う考え方もあるようです。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

国民最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想。生存権保証のための現金給付政策は、生活保護や失業保険の一部扶助、医療扶助、子育て養育給付などのかたちですでに多くの国で実施されているが、ベーシックインカムでは、これら個別対策的な保証を一元化して、包括的な国民生活の最低限度の収入(ベーシック・インカム)を補償することを目的とする。従来の「選択と集中」を廃止し、「公平無差別な定期給付」に変更するため、年金雇用保険生活保護などの個別対策的な社会保障政策は、大幅縮小または全廃することが前提となる。 包括的な現金給付の場合は配給制度であり、国民全員に無償で現金を給付するイメージから社会主義的と批判されることがあるが、ベーシックインカムは自由主義資本主義経済で行うことを前提にしている場合が多い。

ベーシックインカムの根底には、無知や怠惰といった社会悪の除去という目的がある。ダニエル・ラヴェントススペイン語版は、その目的のために法律化されるベーシックインカムは、世帯にではなく個人に対して支給されること、他の収入源から所得は考慮しないこと、仕事の成果や就労意欲の有無は問わないこと、という三つの原則に従わなければならないと主張している[15]

新自由主義者からの積極的BI推進論には、ベーシック・インカムを導入するかわりに、生活保護・最低賃金・社会保障制度を消滅させ、福祉政策や労働法制を「廃止」しようという意図が根底に流れている[16]。また、新自由主義者の平等観でBIを導入すると、富裕層に貧困層と同じ金額を支給するという悪平等も発生する。

一方で、この考え方・思想に対しては古代ローマにおけるパンとサーカスの連想から「国民精神の堕落」など倫理的な側面から批判されることがある。所得給付の額次第では給付総額は膨大なものになり、国庫収入と給付のアンバランスが論じられたり、税の不公平や企業の国際競争力の観点が論じられることもある。

年金制度は私たちが築き上げた制度です

年金制度はこれまで私たちが働き資金を積み立て作り上げてきた制度です。今後制度がどのようになるのかわかりませんが、社会的な情勢や経済状況に対応して年金制度は存続していくと思います。

年金制度状況に耳を傾けていきたいと思います。制度の内容をしりつつ、余り不安をあおるような情報は?と考えることが必要かも知れませんね。

スポンサードリンク