気になるアニメ制作・朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」からアニメーターに憧れをもつ方もあるかもしれまん。アニメーションをつくる仕事はどんなものなのでしょうか。

アニメの制作費はどれくらいなのでしょうか?

またアニメーターの収入はどれくらいなのでしょうか?

アニメの製作費はどれくらい

アニメの制作費は地上波で30分作品で1,000万円から3,000万円と言われます。制作陣は100名くらい関わり、一本仕上げるのに約3か月かかるそうです。

劇場版アニメの制作費となると作品や製作者でかなりの違いがあるようです。制作費用と共にかなりの宣伝も行われていますので数億から数十億と開いています。

1978年の「「ルパンVS複製人間」で5億円

2009年の「サマーウォーズ」4億から5億円

1984年の「風の谷のナウシカ」2.8億円

2013年の「かぐや姫物語」は宣伝費含めて51.5億円

などとなっています。

海外の作品でディズ二―では100億以上かけていて、「塔の上のラプンツェル」は274億と言われて海外は日本と比べて桁違いな経費のかけ方ですね。

こうした、人や経費、時間をかけて制作されたアニメは世界中人々が楽しんで、時には生きる勇気を与えることにもなっているようです。

アニメを見ていると、心に残るアニメは沢山ありますね。場合によると生涯忘れることのできないアニメに巡り合えることあると思います。これはアニメだけではないと思いますが、アニメは現実社会や実写化が出来ないものも描かれることが多いですのでいいものだと思います。

アニメの制作

原画:1,200,000円

背景:1,300,000円

動画;  900,000円

絵コンテ:250,000円

仕上げ:1,200,000円

制作進行:1,000,000円

撮影:1,000,000円

演出:  500.000円

材料:  500.000円

設定:  300,000円

プリント: 500,000円

編集:250,000円

音響制作:1,500,000円

脚本:200,000円

監督:200,000円

合計:11,000,000円

と言うあアニメ制作一話あたりの製作費が記載されていることもあるようです。制作は100名ほど人がかかわると言われますので、アニメに関わる人達の収入はどれくらいになるのでしょうか。

収入とともに制作のやりがいはあると思いますね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください