源氏物語の四十三帖「紅梅」を読む

源氏物語を読んでいますが、四十三帖まで読に進めてきました。五十四帖まである長編ですので、読み切る方は少ないと言われます。

この帖は光源氏はすでに亡くなり、源氏の追憶なども描かれています。

源氏物語は宮中での恋愛や遊び、行事など当時の様子が描かれていますが、贅沢三昧の暮らしの中でも貴族政治の移り変わりや時代の変化も写しだされているように思います。

あらすじ<ウィキペディア(Wikipedia)>
薫24歳の春のころの話。
故致仕大臣(頭中将)の次男は、このころには按察大納言(あぜちのだいなごん)になっていた。跡継ぎだった兄柏木亡き後、一族の大黒柱となっている。
亡くなった先の北の方との間には二人の姫君(大君、中の君)がいた。今の北の方は、髭黒大臣の娘で故蛍兵部卿宮の北の方だった真木柱で、この間に男子(大夫の君)を一人もうけている。また、真木柱には故宮の忘れ形見の姫君(宮の御方)がいて、この姫君も大納言の邸で暮らしている。
裳着をすませた三人の姫君たちへの求婚者は多かったが、大納言は、大君を東宮妃とすべく麗景殿に参内させており、今度は中の君に匂宮を縁付けようと目論んでいる。大納言は大夫の君を使って匂宮の心を中の君に向けさせようとするが、肝心の匂宮の関心は宮の御方にあるらしい。匂宮は大夫の君を通してしきりに宮の御方に文を送るが、宮の御方は消極的で結婚をほとんど諦めている。
大君の後見に忙しい真木柱は、宮の御方には良縁と思うが大納言の気持を思うと躊躇してしまう。また、匂宮が好色で最近では宇治八の宮の姫君にも執心だとの噂もあって、ますます苦労が耐えないようだ。

「軒近き紅梅の、いと、おもしろく匂ひたるを、見給ひて」

*軒の近くの紅梅がとても美しく咲いているのをご覧になって按察の大納言が匂いの宮に一枝差し上げようとする。

紅梅の大納言は光源氏を思い起しています。

光源氏と世間から呼ばれていたお方の男盛りであった頃私は子供で、かわいがってもらったことが懐かしく思い出される。

この宮(匂宮・薫)たちを世間は特別扱いし、もてはやされるような風采であるけれども、あの方と比べると何一つ似たところがないように思える。あの方を比類なき人とお慕いしたからなのかと考える。

私のような疎遠のものでも、あの方を思い出すと悲しくて胸がふさがれるのに近親の方はあのお方の死を乗り越えて長生きされているのななみなみならぬことだなと思う。

*大納言は古い考え方の方で匂宮・薫は新しい考え方の人物で古きを懐かしんで居るようです。

*現代でも令和時代になったにも関わらず昭和や平成を懐かしむことがあります。平安時代の人たちも現代人と同じような気持ちをもっていたのですね。日本人の心なのでしょうか。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください