ジャニーズの所得は

ジャニーズの資産は・・・

週刊現代のスクープとして伝えるところで、ジャニーズの売り上げは年間1,00o億円で都内の不動産だけでも300億円とてしています。

ジャニーズ事務所の社長はジャニ喜多川さんで、名前は良く登場する人物ですね。御歳は87歳で独身。現在体調が思わしく、高齢でもあり「遺産」は誰がもらうのかに焦点があたっているようです。

ジャニーズ事務所は多くのタレントを作り出し芸能界に大きな影響力を持つ事務所ですがその実態はヴェールに包まれているようです。

「ジャニーズ」は人気アイドルグループなどが所属し「TOKIO」や「KinKi Kids」「嵐」「岡田准一」などのグループや人が所属しTVで見ない日はないぐらいですね。

人気グループの売り上げは、週刊現代によると、例えば「嵐」はファンクラブ会員が300万人近くあり、入会金は一律1,000円で年会費4,000円で「嵐」だけで120億がはいっているといわれています。

嵐はツアーで100万人移譲以上動員していると言われチケット代は袁9,000円グッズ代などを合わせて一人1万3~4千円使うとなると約130億の売り上げとなるとしています。

多くの人気グループなどが所属していますのでジャニーズの年間の売り上げが1,ooo億円と言われるとうなずける数字ですね。その他不動産などもあり莫大な資産をもっていることになりますね。

ジャニーズのはじめのはじめ

ジャニー喜多川さんの父親は喜多川諦道と言う人物だと言うことです。
彼は和歌山県高野山の真言宗に8歳で稚児に入り、下稚児として、女人禁制のお寺で、男娼だったと言われています。

男娼とは真言宗、天台宗等の大規模寺院は修行の場であるため山間部にあり、また、女人禁制であるため、このような稚児はいわば「男性社会における女性的な存在」となり、しばしば男色の対象とされた(ただし上稚児は対象外)。中世以降の禅林(禅宗寺院)や華厳宗などにおいても、稚児・喝食は主に男色、衆道、少年愛の対象であったと言われています。

現代でお寺や神社で子供を着飾った行列などが行われる時に「お稚児さん」として行事に参加と言うことがあります本来の意味とは大きく異なったものになっています。

父親の喜多川諦道のさんはアメリカに仏教の布教活動をされた人物だと言うことです。子供は4人でメリー喜多川、ジャニー喜多川の二人はジャニーズ事務所を経営されています。

喜多川家が芸能界に関心をもったのは、1950年に美空ひばりのロサンゼルス講演が父親の勤務する真言宗大谷派東本願寺ロサンゼルス別院が会場となり、講演に関わったことが日本の芸能界進出のきっかけになったと言われます。

フィクサ―・大谷貴義・(おおたにたかよし)との関係

喜多川諦道の両親が一時期、和歌山の有力な家柄である大谷家に世話になっていたことがあると言われています。

ここからは大谷家と喜多川家のつながりの話です。
のちに諦道が世界一周をめざしたときに支援してくれたのも、大谷家でした。資料には戦後最大のフィクサーと呼ばれた大谷貴義の援助があったと言われます。日本には「後ろだて」という考え方がありますが喜多川家と大谷貴義はそんな関係だったように思います。

<出典: フリー百科事典・ウィキペディア(Wikipedia)>
「大谷 貴義(おおたに たかよし、1905年5月31日 – 1991年5月17日)は、和歌山県出身の実業家。日美創業者。
宝石卸を本業として「日本の宝石王」と呼ばれる一方、政財官界やアンダーグラウンドの世界に隠然たる力をもち、児玉誉士夫らと並ぶ「戦後最大級のフィクサー」と称された。特に、元首相の福田赳夫とのつながりが強く、「福田の影に大谷あり」と言われた。公の場にはあまり姿を現さず、代々木上原に1,000坪の豪邸を構え、十数人の使用人に囲まれて過ごしたため、謎のフィクサーとも呼ばれた。」

フィクサーと言えば許永中事件を思い浮かべる人がありかもしれませなが許永中氏は・・・

<許永中とイトマン事件>

「平成期初期のバブル景気時に発覚した日本の戦後最大規模の経済不正経理事件と言われる「イトマン事件」で、イトマンを利用して絵画やゴルフ場開発などの不正経理を行い、1991年7月23日に商法の特別背任、並びに法人税法違反の罪で逮捕された。起訴された後、6億円の保釈金を支払い保釈を受けた(許自身が3億円を負担し、残り3億円は弁護士団が負担した)」

 

「許永中は若い頃に大谷のボディーガード兼運転手をしながら、フィクサー業の修行をした。後に、「大谷先生の下で働き、大人の恐ろしい世界を知った」と述べている。」

芸能界は以前興行は裏社会の人がほとんど占め、裏社会なしにはなりたたなかったと言われています。現代においては法律もあることからうら社会との関係があれば犯罪とみなされていくことになります。しかし、現代でも裏社会が背後で動いているのではないかと言う問題が浮上しニュースになっていますね。

現代社会はより複雑さが増している社会です。芸能界変化が求められています。そんな時代の中で従来からのスタイルから抜け出そうとしているようにも思います。

今後、色々な課題がある中でどのようなエンターテーメントを私たちに提供されていくのでしょうか?

スポンサードリンク