「麒麟が くる」と沢尻エリカ・光秀の夢

NHK 大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀の謎

戦国時代の武将の明智光秀は知らない人はいないと思われますが、しかし明智光秀ぐらい謎に包まれた人物はいないと言われます。なぜなら光秀40歳頃に織田信長に抱えられ信頼を得て、彗星のごとく歴史舞台に登場し、本能寺の変を起した人物です。光秀の前半生は謎に包まれているのです。

明智光秀が有能な戦国武将でありながら映画やドラマで主人公として描かれてこなかったのは「謀反人」と言うレッテル主人公として描ききれなかったのではないかと思います。歴史は常に勝者によって描かれてきたのが歴史です。現代社会もそうかもしれませんね。

戦国時代は、親殺し、子殺しが行われ肉親の間でも戦われた時代ですので、当時の人達は、本能寺の変はどのように考えていたのでしょうか?

大河ドラマのキャストは光秀役として主演は長谷川博己さんをはじめ決まっていますが、斎藤道三の妻として出演される沢尻エリカさんの演技が色気漂う演技になるのではないかとネット上で話題になっているようですようです。

沢尻エリカさんは、現在多くの映画に出演されてきています。「白い巨塔」でも岡田准一さん主演の財前五郎の愛人・花森ケイ役としてキスシーンなどが色っぽいと関心が高まったようです。「麒麟がくる」ではごのような演技をされるのでしょうか?

明智光秀の丹波攻めの山城跡に登る

  黒井城跡

井城跡

 黒井城の野面積みの石垣

明智光秀の功績は「丹波攻め」と言われますが、登って見て丹波一円が望まれ、なるほどこれだけ眺めが良ければ敵が攻めてくるのがわかり、前もって防御体制がとれる思われますので、攻略に苦労したことが想像できますね。

この黒井城跡から丹波地域を眺めていると気分が良いですね。戦国の世から今日までの時代の流れを感じることができるようです。

黒井城跡に行き方

国道176号線を丹波市春日町黒井に近づくと黒井城の山城跡が見えてきます。あ国道からJR福知山線は走り、JR黒井駅もあり黒井の町に中から案内に沿って行くと黒井城跡の看板があり小さいけれど駐車場があります。

登山ルートが案内があり登りが急なコースと穏やかなコースの2つあります。どちらも大きな差はなさそうですが、滑りやすいのでランニングシューズなどを履いて登られるのが良いと思います。40分程度で登れそうですが、山城を楽しむためには所要時間として2時間から3時間程度見ておいたほうが良さそうです。

弁当など持参して山頂で食べるのも良いかも知れませんね。

地図 黒井城跡

古城の旅でNHK大河ドラマ「麒麟がくる」がどのようなドラマに仕上がっていくのか期待したい思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください