おから(卯の花)料理はおなかに良い・高齢者食に優れている

 

おから料理

「おから」はおなじみの庶民料理ですがご飯と良く合いとても美味しいです。「おから」は「卯の花」とも呼ばれています。

母親が入院していましたが退院しましたが、食事に注意をするように言われ、大豆製品でありますので「おから」を炊きました。

「おから」の呼び名は作る過程の中から名付けられたようです。おからは豆腐を作る過程で生まれたものです。豆腐は大豆を煮てつぶして濾して豆乳と固形のおからに分かれます。

分けられてに残ったものは「がら」と呼ばれそれから「から」となりそれに「お」をつけ「おから」になったと言われます。

「おから」をもう少し上品に言うため田植えの時期に咲く卯の花の白さが似ていると「卯の花」と呼ばれるようになったと言われます。

 大江山の卯木の花

おからレシピ

おから料理は煮込む時に飛び散りますので大き目の鍋を使って料理をしたほうが良いと思います。

<材料>

おから 300g

人参  約 80g(せん切り)

干しシイタケ 3枚(せん切り)もどしせん切りする

ごぼう 約 80g(ささがき)

板コンニャク 半分(短冊切り)

油あげ 1枚(短冊切り)

<調味料>

砂糖 大さじ 3杯

だし汁 カップ 1杯(顆粒だしを使っても良い)

醤油 大さじ 1~2杯

塩  少々

酒また味醂 大さじ2杯

<作り方>

鍋にサラダ油を入れ火にかけます。そこにおからを除いた材料を入木べらを使い、しんなりするまで炒める。おからを入れ、調味料を加えて煮る。(水分が少なければ足し、この時味を調える)ふつふつと煮込めば美味しいおからの」出来上がりです。

おからは健康に良い食

食物繊維やカルシウムをたっぷり含んでおり、たんぱく質や炭水化物、カリウムなどを含んだもので、がん予防にも効果的などと言われています。

腎不全で入院していた母親が退院してきましたが、食事に注意することが必要です。おからを炊き食べさせました。高齢者は便秘になりがちと言われます。繊維が多く含まれると言われますのでよさそうです。私も食べましたがおならが良く出ます。便通もよさそうですね。おからは大豆製品で畑の牛肉と言われるように良質なたんぱく質があるようです。

現代はおからが注目されおからが入ったお菓子など色々な食品があるようです。おからを使ったお菓子作りのレシピも色々とありますね。作りたいものです。

高齢化社会です。高齢者は食事がとても大事なことです。高齢者をかかえるものとして、日々食べる食事は健康に良いものを提供していきたいと思っています。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください