働き方と定年・どうしようか?

定年をどう考えましょうか?

長年働いてきて定年が近づきてくると、定年後をどうしようかと考える方が多いと思います。

企業では「定年延長選択制」と言う制度を設ける企業もありますね。定年を60歳から65歳に引き上げ引き続きその企業で働くことが保障されます。

65歳定年制度は、再雇用制度は幾つかのメリットがあるようです。60歳から65歳までの雇用が保証されます。福利厚生制度が継続され企業年金も上積みされることなどがありますね。

こうした背景には国の「高齢者雇用促進法」に沿って進められ、企業に実施が求められます。この法制制度の変更は高齢化や少子化など生産年齢人口の現象などによる年金制度の実情から法制度が改変されてきているようです。

しかし、働き続けようとすると60歳からは降格や配置換え、賃金も正規の60%などになるなど働く条件は悪くなります。

また、職場環境も変わるかもしれませんね。今まで通り働く環境で働き続けられる方もあるとは思いますが、環境職場環境が変わり、今まで部下だった人に使われることになるかもしれません。働きづらくなることも覚悟をしておくほうが良いとも言われます。こうしたことは、それぞれの職場環境で大きくかわると思います。

定年、定年後どうするのか

定年企業で新しく事業を立ち上げる方があるかもしれませんね。知人は「蕎麦屋さん」を行われていますがはやっているようです。このように定年前から事前準備をして起業される方もあります。

また、これまで自分で何もできなかったので、技術を学びたいと「仏師」・仏像づくりを始めた方もあります。

これまで趣味がなかったので、シルバー人材センターで働き始めた方もいます。

選択肢は多様です。しかし、選択肢継続的に続けられることを行うのが良いのではないかと思いますね。

現代は過去の時代とは違い60歳は働き盛り

現代は寿命が100歳時代になっています。60歳はまだまだ働き盛りの年代ですね。

年金の支給金額もだんだんと厳しい状況となってきています。年金支給額はいくらくらいになりますか?調べることも必要かもしれません。定年後の生活費について考え見直してみることも必要だと思います。

年金問題などで年金の支給を受ける高齢者と掛け金を払い込む若い人との対立が生まれるのではと言う方もありますが、国の施策の有り方の問題でもあり、議論や制度の見直しが行われているようです。

定年退職者も働くことで社会貢献をすれば世代対立のようなことはなくなるかもしてません。

これからの時代は、海外方の労働者が増えたりA1化が進むなどこれまでの経済環境や労働環境が大きく変わることになりそうですね。こうした中で定年を迎える方はどのような選択をされるのでしょうか。考え方次第で色々な選択ができるようになっている時代です。いきいきとした定年後の暮らしが迎えることが出来るように菅考えていくこと必要になりそうですね。

考え方しだいで色々なことが出来る時代でもあり、面白い生活ができる時代であると思いますね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください