道産子とアイヌ民族は日本のルーツ?

朝ドラの「なつぞら」から魅力を感じる北の大地、北海道

道産子に乗り大地を走るなつ、スキー競技大会、酪農など北海道の魅力が描が枯れています、北の大地は魅力がありますね。

なつが馬に乗るシーンは馬に乗り買い物などに行くと楽しいかも知れないと思います。馬に乗ることは運動になりますね。馬は憧れになりそうです。

北海道は、魚介類がや農畜産物のジャガイモ、トウモロコシ、ブルーベリー、牛乳やラム肉など上げればきりがないですが、食の宝庫の地だと思います。また広い台地が広がり自然豊なところですね。

しかし、北海道のことを知っているかと聞かれるかと意外と知らないことが多いように思います。

北海道も深い歴史が刻まれた地域でもあるようです。古くは蝦夷と言われていた地域ですが、アイヌ民族が住み、日本の成り立ちにも関わりがあるアイヌ民族は縄文人と関係するとも言われています。

「国立科学博物館などの研究チームは13日、北海道・礼文島の船泊遺跡から発掘された約3500~3800年前の縄文時代後期の女性人骨から全遺伝子情報(ゲノム)を高精度に解析したと発表した。論文は近く、日本人類学会の英文誌に掲載される。」・・・文引用

縄文人は「解析の結果、縄文人の祖先は約1万8000~3万8000年前に、中国大陸に住む現在の漢民族との共通祖先から分岐したと推定。ロシア極東部から朝鮮半島、台湾の先住民など東アジアの沿岸部の集団と遺伝的に近く、比較的少ない人口集団で狩猟採集生活を続けていたことも分かった。」

『日本書紀』欽明天皇15年(554年)、百済が朝廷と会談して、援軍千人、馬百匹、船四十隻派遣の約束をした記事があり、6世紀中頃にもなると、日本が馬を軍事的に海外へ輸出する状況もあった。・・・文引用

と言われますが、これからもっと、北方から日本列島に入ったルートや日本人の成り立ちの解明が進んでいくことと思います。

道産子と馬

道産子は体高は125cmくらいで、ポニーに分類され在来種と言われます。もともとは青森の南部馬が北海道(蝦夷)で飼われるようになり道産子と言われるようなっようですた。日本の在来種と言われる馬でもありますね。

馬の原産はモンゴルと言われ、モンゴルから世界に広がったようです。日本にたどりついた経路は日本民族のたどったルートと同じようです。①当時は凍り付いた海だったようでオホーツク海経路②朝鮮半島経由③沖縄経由と言われますが、日本の馬の産地や地域の産業と一致するところが多いようです。

在来馬としては、北海道の道産子、長野県の木曾の木曽馬、宮崎県の御崎馬、長崎県の対洲馬、鹿児島県のトカラ列島のトカラ馬、愛媛県今治の野間馬、沖縄県宮古島の宮古馬、沖縄県與邦国島の與邦国馬が産地と言われています。

日本歴史と馬は結びつきが大きいようです。馬は家畜で、人や物を運搬することや農耕、食用として利用されてきたようです。

日本書記には馬について記載されています。

日本書紀欽明天皇15年(554年)、百済が朝廷と会談して、援軍千人、馬百匹、船四十隻派遣の約束をした記事があり、6世紀中頃にもなると、日本が馬を軍事的に海外へ輸出する状況もあった。

このような歴史があっつたのかもしれません。しかし、当時の船舶事情で馬の輸送ができたのか疑問に残る内容です。

馬は時代とともに利用の仕方で変わってきたようです。戦いの歴史の中では乗馬で戦いを優位にするものとして活用されています。馬を巧みに扱ったモンゴルの成吉思汗は馬により広大なモンゴル帝国を築いたと言われています。

日本でも戦では重要な役割を担ってきた馬です。農耕や運搬などで使われ社会と離して考えられない存在でした。

馬の活躍は続いていく

当時の馬は現代の競走馬のような馬ではなく在来種で小さい馬だったようです。映画やドラマで登場するさっそうとした馬とは違ったようですね。

また、家畜としては牛もありますが、日本列島に入ってきたのは牛のほうが遅いようです。牛も同じように使われてきましたが、平安時代には馬車のように牛が使われ、馬は使われなかったようですが、その原因としては道路整備ができていなかった平安時代では牛のほうが使いやすかったからだと言われています。

馬の歴史を知ることは人の歴史を知ること

北海道は畜産王国でもありますね、広大な大地の景色から言っても、馬と旅が似合いそうです。「なつぞら」ように馬に乗ってみたいものです。馬に乗って北海道一周の旅に出てみたいものです。

日本の歴史においても大切な位置にある北海道です。私たちのご先祖様が北回りでたどり着いた北海道。日本の歴史が紐解かれる重要な位置にありそうです。「私たちはどこからきたのか」・・・私たちが生まれたところを探ることから未来が見えてくるように思います。

今後も日本の歴史をたどっていきたいと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください