働き方改革とキャンプ

 

(おおやスキー場のキャンプ地)

キャンプは楽しい

ここはスキー場です。キャンプ場になり賑わっています。予約は数ヶ月先までうまっているようです。

整備されたキャンプ場やキャンプ道具も簡単につかえるものが増えてきていますね。

テントも軽量で簡単に設営できるもアイテムも沢山ありますので誰でも簡単にキャンプを楽しむことができますね。

キャンプを楽しむ理由として個々人色々な理由はあると思いますが、「働き方改革」が進められる中で時間の使い方で安上りで使えるとしてキャンプをする方があるよです。

キャンプはいいものですね。色々な楽しみ方できそうてす。

キャンプ地

整備されたキャンプ地が増えてきています。キャンプするところは自由に選ぶことができますね。温泉があるキャンプ地もありますので、お風呂にはいれるところもあります。

京都北部のキャンプ地

養父市のキャンプ地

キャンプのアイテム

テントは簡単に設営することができるものがあり、2~3人用から大型まで色々ありますね。

テントはどんなキャンプをするかで選べます。キャンプ地まで車が行けるかでテントを考えますが、キャンプ地は車の乗り入れができるところが多いと思いますので、重量より設営しやすいものとか居住性の良いものを選ぶのが良いかも知れません。

テントの選び方はキャンプのスタイルを考えて選ぶことが必要だと思います。

キャンプのアイテムも沢山あり楽しんで選ぶことができますね。

キャンプの楽しみと言えば食ですが、キャンプイコールバーベキューのイメージがある方もあるかも知れませんが、キャンプ用のレシピも色々と考えられていますので利用するのも良いと思います。

働き方改革とキャンプ

「働き方改革」とは何なのでしょうか。

長時間労働による「過労死」や労働力不足など雇用と労働で大きな問題が生まれていますがその課題や問題に対処するための法整備だと言われますが、本当にこれで改善していくのでしょうか。色々な問題が指摘されています。

「労働時間短縮されることで所得が減り、副業をせざるを得ない」とか「有給休暇取得が義務化されても休みの日に何をしたら良いのか」など色々な意見が出ています。

これまで「日本人は働きすぎ」だとこれまでずっと指摘され、週休二日制度やフレッツクスタイム制度など色々な制度が実施されてきましたが労働時間は短縮されず、残業時間の増加など実質的な労働が伸びたことで「働き方改革」が進められてきています。 「労働条件は賃金と労働時間」大きな要素ですが、今回「同一労働同一賃金」の考え方が盛り込まれ賃金制度の改革も進められようとしています。

しかし、労働者にとって良い改革なのかと言えば中小企業では人手不足の中で休暇が増えると事業が回らないなど個々では色々な問題を抱えることにもなりそうです。

賃金と労働時間のあり方は今後とも議論は続いていきそうですね。この問題解決には労働組合の役割が大きくなるように思いますね。

しかし、休日は確実に増えていくものと思われますので「キャンプ」も時間利用も楽しいと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください