NHK朝ドラ「なつぞら」は第一作の「娘と私」から数えて記憶に残る100作目

NHK朝ドラは1961年の「娘と私」から100作目になるようです。制する作立場からは記念すべき朝ドラにしたいという考え方が生まれると思います。視聴率も良く順調だと言われます。

週刊現代を読んでいると4月3日の第3話が視聴率は23・0%となり、この数字は第一回の娘と私のヒロイン役であった女優の北林早苗さん(75歳)が「なつぞら」に42秒出演されましたが存在感が大きく、ネット上で話題になったと言います。この出演が視聴率のアップにつながったと言われています。

100作目ということで「なつぞら」には主演の広瀬すずさんを支えるため、歴代の朝ドラのヒロイン出演者が出演されています。松島菜々子、山口智子、比嘉愛末、小林綾子、貫地谷しほりなど歴代ヒロインは発表済みですが、「おしん」の田中裕子、「澪標」の沢口靖子、「なっちゃんの写真館」の星野知子にも声がかかっていると言われます。

さらに、「あまちゃん」のん(能年玲奈)や「梅ちゃん先生」の堀北真希の案も浮上していると言います。

NHK朝ドラの「なつぞら」100作目でかなり力のいれ具合が今までと違うようですね。

朝ドラ100作

昭和36年 第 1作 娘と私

昭和37年 第 2作 あしたの風

昭和38年 第 3作 あかつき

昭和39年 第 4作 うず潮

昭和40年 第 5作 たまゆら

昭和41年 第 6作 おはなはん

昭和42年 第 7作 旅路

昭和43年 第 8作 あしたこそ

昭和44年 第 9作 信子とおばあちゃん

昭和45年 第10作 虹

昭和46年 第11作 繭子ひとり

昭和47年 第12作 藍より青く

昭和48年 第13作 北の家族

昭和49年 第14作 鳩子の海

昭和50年前期 第15作 水色の時

昭和50年後期 第16作 おはようさん

昭和51年前期 第17作 雲のじゅうたん

昭和51年後期 第18作 火の国に

昭和52年前期 第19作 いちばん星

昭和52年後期 第20作 風見鶏

昭和53年前期 第21作 おていちゃん

昭和53年後期 第22作 わたしは海

昭和54年前作 第23作 マー姉ちゃん

昭和54年後期 第24作 鮎のうた

昭和55年前期 第25作 なっちゃんの写真館

昭和55年後期 第26作 虹を織る

昭和56年前期 第27作 まんさくの花

昭和56年後期 第28作 本日も晴天なり

昭和57年前期 第29作 ハイカラさん

昭和57年後期 第30作 よーいドン

昭和58年   第31作 おしん

昭和59年前期 第32作 ロマンス

昭和59年後期 第33作 心はいつもラムネ色

昭和60年前期 第34作 澪つくし

昭和60年後期 第35作 いちばん太鼓

昭和61年前期 第36作 はね駒(こんま)

昭和61年後期 第37作 都の風

昭和62年前期 第38作 チョッちゃん

昭和62年後期 第39作 はっさい先生

昭和63年前期 第40作 ノンちゃんの夢

昭和63年後期 第41作 純ちゃんの応援歌

平成 元年前期 第42作 青春家族

平成 元年後期 第43作 和っこの金メダル

平成  2年前期 第44作 凛凛と

平成 2年後期 第45作 京、ふたり

平成 3年   第46作 君の名は

平成 4年前期 第47作 おんなは度胸

平成 4年後期 第48作 ひらり

平成 5年前期 第49作 ええにょぼ

平成 5年後期 第50作 かりん

平成 6年前期 第51作 ぴあの

平成6年後期から平成7年前期 春よ、来い

平成 7年後期 第53作 走らんか

平成 8年前期 第54作 ひまわり

平成 8年後期 第55作 ふたりっ子

平成 9年前期 第56作 あぐり

平成 9年後期 第57作 甘辛しゃん

平成10年前期 第58作 天うらら

平成10年後期 第59作 やんちゃくれ

平成11年前期 第60作 すずらん

平成11年後期 第61作 あすか

平成12年前期 第62作 私の青い空

平成12年後期 第63作 オードリー

平成13年前期 第64作 ちゅらさん

平成13年後期 第65作 ほんまもん

平成14年前期 第66作 さくら

平成14年後期 第67作 まんてん

平成15年前期 第68作 こころ

平成15年後期 第69作 てるてる家族

平成16年前期 第70作 天花

平成16年後期 第71作 わかば

平成17年前期 第72作 ファイト

平成17年後期 第73作 風のハルカ

平成18年前期 第74作 純情きらり

平成18年後期 第75作 芋たこなんきん

平成19年前期 第76作 どんど晴れ

平成19年後期 第77作 ちりとてちん

平成20年前期 第78作 瞳

平成20年後期 第79作 だんだん

平成21年前期 第80作 つばさ

平成21年後期 第81作 ウエルかめ

平成22年前期 第82作 ゲゲゲの女房

平成22年後期 第83作 てっぱん

平成23年前期 第84作 おひさま

平成23年後期 第85作 カーネーション

平成24年前期 第86作 梅ちゃん先生

平成24年後期 第87作 純と愛

平成25年前期 第88作 あまちゃん

平成25年後期 第89作 ごちそうさん

平成26年前期 第90作 花子とアン

平成26年後期 第91作 マッサン

平成27年前期 第92作 まれ

平成27年後期 第93作 あさが来た

平成28年前期 第94作 とと姉ちゃん

平成28年後期 第95作 べっぴんさん

平成29年前期 第96作 ひよっこ

平成29年後期 第97作 わろてんか

平成30年前期 第98作 半分、青い

平成30年後期 第99作 まんぷく

第100作 なつぞら

MHK朝ドラを振り返ると時の流れを感じます。先の「まんぷく」もすでに過去のものになっています。その時々を楽しませてくれる朝ドラは朝ドラから生きてきたその時々のことを思い浮かべてしまいますね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください