NHK大河ドラマ「麒麟が来る」光秀は死んでいない

麒麟がくる

2020年のNHKの大河ドラマは「麒麟がくる」になっています。戦国時代の最大の謎とされる「なぜ明智光秀は主君の織田信長を襲撃して殺害したのか」に迫りながら謀反人としての明智光秀の人物像から知識人、有能な人間味あふれる人物として描かれるようです。主演の長谷川さんは「明智光秀は天海僧正になったという説がありますがそんな人物像が・・・」と言われていましたがどのような人物像が描かれるのでしょうか?

キャストが決まり発表されました 明智光秀は朝ドラ「まんぷく」の萬平さんの長谷川博己(はせがわひろき)さんです。

長谷川博己(42)が主演する来年1月スタートの大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜午後8時)の主な出演者発表会見を行った。沢尻エリカ(32)岡村隆史(48)高橋克典(54)の3人が大河初出演となる。

沢尻は道三の娘で信長の正妻となる帰蝶(濃姫)役。岡村が、長谷川演じる光秀を神出鬼没で救う農民の菊丸役。高橋克典が信長の父、信秀役を演じる。

ほかに染谷翔太が織田信長を演じ、本木雅弘が斎藤道三、門脇麦が光秀と京で出会う娘、駒。伊藤英明が斎藤道三の息子義龍、石川さゆりが光秀の母の牧、堺正章が京の医師、望月東庵を演じる。

他に尾美としのり、西村雅彦、上杉祥三らが出演する。

脚本は池端俊策氏が手がけ、斎藤道三を主君として戦場を駆け抜け、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将の明智光秀を描く。

<NHK引用>

大河ドラマと言えば地方ロケ

光秀に関係する各自治体は、光秀を通じて地域につなげたいと言う取り組みが行われています。観光パンフレットなども作られていますね。観光パンフなどを利用して光秀が関係した地域を訪れるのも良いと思います。京都の丹波、丹後地域は光秀関連するものが沢山ある地域でもありますね。特に亀岡市、福知山市はお城や城跡がありますね。

地方ロケも行われると思いますので、パンフ片手に光秀ゆかりの地へ行くのも新な発見があると思います。

問い合わせは

 

京都府中丹広域振興局商工労働観光室

京都府南丹広域振興局商工労働観光室

兵庫県丹波 県民局地域振興課

麒麟とは

題名の由来は

日本大百科全書(ニッポニカ)
『中国古代の想像上の動物。単に麟ともよぶ。またとくに雄を麒、雌を麟というともいわれ、竜、鳳凰(ほうおう)、亀(かめ)とともに四霊獣の一つとされた。初めは鹿(しか)に似た一角獣であったが、しだいに神秘的な要素を加えて複雑怪奇な姿になった。牛の尾、馬の蹄(ひづめ)、五色で彩られた体をもつ麒麟は、翼を広げてよく飛び、武器であるその角(つの)は先端が肉で覆われているため、相手を傷つけることがないとされた。そのため「麟は仁獣(じんじゅう)なり、王者あれば則(すなわ)ち至る」といわれ、聖天子の治世に限って出現する瑞獣(ずいじゅう)とされた。この麒麟像の形成には、西方世界からの影響があったとされるが、普通キリンとよばれているアフリカ生息のジラフとは、直接の関係はない。[伊藤清司]
キリンビールもこの字が使われ「麒麟麦酒」ですね。

のようですね。麒麟麦酒もここから名付けられているようです。

これから、明智光秀の謎を書いていきたく考えています。

明智光秀と明智小五郎

【白山神社(岐阜県山県郡美山町中洞)では、「天正十年山崎の合戦で羽柴秀吉に討たれ死んだのは、光秀の影武者荒木山城守行信である。明智光秀は、荒木山城守の忠誠に深く感銘し、この事実を子孫に伝えんと荒木の「荒」と恩義を深く感じての「深」で自らを荒深小五郎と名乗り西洞寺の林間に隠宅を建てて、乙寿丸と共に住んでいた。」とある」と言う説もあります。

江戸川乱歩は、本名・平井太郎。1894年三重県名張町(現・名張市)の生まれ、生家は藤堂藩士の連なる家だった。藤堂高虎の養子・高吉が慶長十三年に名張に津藤堂藩の藩内領主として入城したが、この名張藤堂家の家紋は桔梗紋である。名張城の建っていた丘を「桔梗ケ丘」と呼び、「桔梗が丘」駅がある。

なお、藤堂高虎は、1573~1576頃織田信澄(信長の甥)に仕えている。光秀の娘は、信長の命により、1574年1月、織田信澄に嫁いでいる。本能寺の変のあと、信澄の子(光秀の孫) は藤堂高虎にひきとられている。

藤堂高虎は城作りに優れた武将だったと言われますね。こうした説がありますね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください