花粉症とマスク

花粉は今年は多く飛ぶようです

花粉症は私はならないと思っていましたが、いつの間にか花粉症になっていました。こんな方はかなりあるのではないかと思います。

花粉は一年中色々な花粉が飛びどの花粉が影響して花粉症になっているにかわかりにくいものです。杉の花の花粉など良く花粉が飛び交う春先などは特に注意となります。

今年は暖冬と言うこともあり花粉が良く飛ぶ交うのではないかと言われています。鼻水が出たりすると花粉症を疑うことだと思います。

<花粉症とは>

花粉症とは、鼻腔内に花粉が入ってきたとき、それを排除しようとする「免疫反応」によって、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることをいいます。花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中を浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、マスト細胞という名の細胞とくっつきます。

と言うことで症状が現れるということです。

花粉症には柑橘果物の「じゃばら」が良い言われています

花粉症対策に和歌山・北山村のじゃばらが良いと言われます。じゃばらとはどのようなものなのでしょうか?

遅くとも江戸時代の頃より北山村で庭先栽培されてきた。1979年に品種登録され、村営農場で1985年に初収穫を得た[2]。1997年に種苗法上の品種登録は失効しているが[注 1]、「じゃばら(邪払、蛇腹)」の名称は北山村を権利者として商標登録されている[3]

じゃばらのサプリメントや果汁などあるようです。

厚生労働省

厚生労働省は民間療法について下記のようにしていまs

花粉症に対する民間療法

霊芝(抗アレルギー作用),甜茶(化学伝達物資遊離抑制)
シソ(TNFα抑制),羅漢果(活性酵素抑制),南瓜種(IgE産生抑制)
アマランス(抗ヒスタミン作用),紅花,パパイアエキス,クロレラ, 花粉食,ニンジン紅茶,シジュウム茶,スギの葉エキス,花粉すっきりグミ, 優喉茶,ヘテロフィラ,天然にがり,アロマテラピー,エゾウコギ, リノレン酸摂取,リノール酸摂取制限,うずらの卵のホモゲナイズ, 天然ミネラルエキス

一般食品

ヨーグルト・乳酸菌剤・ジャガイモ(ビタミンC)
ネギ・ニンニク・ニラ・ショウガ・ウド・フキ・シナモン(身体を温め冷えに強くなり、花粉症発作に効果),
ピーナッツ・干し柿・ゴマ・ユリ根(鼻閉による乾燥症状に効果)
クズ・ゴボウ・ハッカ・キクの花・ミョウガ・スイカ・ナシ・柿(急性副鼻腔炎の合併に効果)
山芋・ウコギ・ドジョウ・エビ(花粉症発作のだるさに効果) わかめ,大根おろし,カフェイン

花粉症にマスクは効果的か

花粉症にはマスクは効果的と言われています。

マスクは花粉症用のマスクが効果的で眼鏡も防護が付いたものがよく、衣服も花粉が付着しにくいものとして綿類が良いと書かれているところもあります。

春先のこれからスギ、ヒノキの花粉が増える時期です。早目に対策を行い少しでも快適な生活を送りたいものです。

スポンサードリンク
src=”/<scriptasync/pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください