消えた一発屋芸人と沈まない能力

一発屋芸人

「一発屋芸人」と言われる芸人たちは一時期テレビで良く見ましたが、いつの間にか見なくなりました、その芸人たちのの中に髭男爵として良く売れていた「山田ルイ53世」もいます。この髭男爵が「一発屋芸人列伝」などを書いていますが良く読まれているようです。

「山田ルイ53世」にはこんな文筆の才能があったのかと評価が広がっているようです。

「一発屋芸人」と言われる芸人は今何をしているのでしようか?気になります。

そんな一発屋芸人たちの現在や生きざまを山田ル語っています。彼らのたくましく生きる姿は長く活躍している芸人も一つ違えば「一発屋芸人」と呼ばれ中な入っていたかも知れません。伸びるか伸びないか紙一重の違いのように感じます。

芸能界は浮き沈みの激しいところだで日々変化をし長く出ている方は数少ないですね。競争の激しい世界においてたくましく芸能界で活躍される姿は時代を映し出すものかも知れません。

髭男爵の「山田ルイ53世」の「一発屋芸人列伝」を見ると芸人の厳しい側面がありながら、芸を通じてたくましく生きる姿が感じれます。

一発屋芸人といっても一口です語れないと思いますね。レーザーラモンさんは「飽きられる」ことで一発屋で終わることになると言われています。

飽きられずに売れ続けることは大変難しい事だと思います。飽きられずに見られ続けるられるとは、「水戸黄門」は悪代官がいて最後に「このもんどころが目にはあらぬか」で事件は解決することななります。

しかし、筋書きや結末がわかっていてまつい見てしまうことがありますね。そこには何があるのかを考えて見ると「安心感」があり事件が解決するとほっといてしまいます。私たちの気持ちがそこにあり、飽きられず見られ続けるとはこんなことかもしれません。

夢を追う

私たちの心の中には「安心」とは裏腹に日常にないところも知りたいと思うこともあるようです。

芸人はかなりの知識や知性が必要とするものと思うのですが、夢を追うことで「安心」とは離れたところに身を置いた暮らしを余儀なくされることもあるようですね。芸人とは過去かそんな身をさらしながら芸を磨かれるらしいです。

現代では芸を磨かれることと、新なものを切り開かれている芸人も沢山あるようです。その一つに執筆活動で評価を得られる方もあります。「山田ルイ53世」も執筆活動や講演の仕事をされているようです。

「一発屋芸人列伝」たちの知られざる一面をみることが出来ます。

中高年の方で、転職を考えられる方が少なからずおられるようですが、そんなことを考える方はこの一冊を読まれることをお勧めしたく思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください