隠れインフルエンザとは何

インフルエンザ大流行

今年はインフルエンザの大流行ですね。病院に行くとマスク着用や手洗いをするようにと広報されていました。「隠れインフレエンザ」と言うことも聞くようになりましたが、インフルエンザのワクチンをしていても安心ができないのがインフルエンザです。安心できないからといってもしておくことが必要ですね。

隠れインフルエンザとは熱の出ない症状などインフルエンザの高熱などの症状がわかりにくいインフルエンザのことだと言われます。

予防接種された方や高齢者などで高熱が出ない場合もあり隠れインフルエンザと言われているようです

インフルエンザの予防の方法

予防はマスク、手洗い、うがいなどを行うことですね。マスクもマスクを取りかえる時も耳掛けの部分などを持ち外して捨てるまど菌は付着しているようなところは触らないことと言われます。また、人の多くいる所は極力避け、病院などがインフルエンザの患者も出入りすることから警戒が必要です。

小田原市の中学校でインフルエンザ対策を行い、ドアノブや人が良く触るところはアルコールなどで消毒するなど対策を行うことで効果があがったと言うようなことも報道ステーションは伝えていました。学校でこうした予防措置をとったところインフルエンザが激減したと言うところもあるようです。

インフルエンザウイルスは目に見えないものですのでこんなことでふせげるのか?と思いますが、対策を行えば予防措置は効果があると思います。

インフルエンザで死亡する原因

高齢者の細菌性肺炎は怖ものです。細菌やウイルスが肺に感染することで炎症を起し肺機能を低下させ死に至ることになります。高齢者の肺炎は特に注意が必要なことですね。高齢者施設のようなところでインフルエンザ蔓延すれば大変だと思います。

インフルエンザは高熱となり体内の水分が少なくなり、脱水委症状となることもあります。水分補給が必要となってきます。水分補給が出来ずにいると意識障害やケイレンを起すことになります。

インフルエンザ脳症と言う重い症状もあります。言動がおかしいとか異常行動となったり意識障害を起こしたりします。こんな時はすぐに救急医療を利用する事が必要です。

インフルエンザは早期に医者にかかり診断を受けることが大切ですね。ほおっておけば重症にかることもあります。

インフルエンザ予防の食べ物

NHKのガッテンで「インフル・肺炎・がんに効く世界で発見!驚異のネギパワー」が流されました。古来からネギは体に良いものと言われていますが、ネギを良く食べているネギ産地の人たちは感染症のかかることがなくネギはインフルエンザや風邪予防の野菜と言われます。冬は良くネギを食べますが鍋やてんぷらなどネギ料理取り入れることでインフルエンザ予防につながると思いますね。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください