中谷美紀の教養と魅力・手書きの手紙は感動する

(中谷美紀さん)

中谷美紀さんがドイツ人のビオラ奏者で二年に渡る遠距離恋愛のご結婚ということで直筆で結婚報告のコメントが寄せられていますが、達筆ということでネット界を賑わしているようです。この筆跡で性格の分析がされているところもありますが知性的な人物との結果となっているようです。

中谷さんの手書きの文書は書いているところの内容によって字の大きさを変えるなど色々なところに心使いがあるようです。達筆すぎて読めないという方もあるようですが、手書き文書になれない方もあるように思います。中谷さんの手書き文書は見ていて何か心が和やかになったように感じますね。

(中谷美紀の手紙)

子供の結婚式で、子供のお友達のと言う、女性の方から結婚式の打ち合わせの案内を手書きいただいたことがありましたが、達筆で内容も丁寧で現代でもこんな方がおられるのかと感動したことがありました。

最近は手書き文書が減っているように思います。テクノロジーの発展で手書き文書は処理が進まないこともあると思います。近年では役所などへの各種申請文書は手書きでは受付されないと言う話を聞いたことがありますが、手書きでそれも毛筆で書けたらいいなと思います。

「経済感覚という新しい知性」というのがあるということです。歴史に登場している人物たちは知性に磨きをかけていたようです。

そう言えば、歴史に登場する人物たちの書いたものを見れば個性的で優れた筆跡で書かれていますね。

戦国時代の武将たちは、武力だけを磨いていたかと言え、武力より知性を磨いていたのではないかと思いますね。

「戦わずして勝」この言葉に象徴されるように、お茶や芸術などにも精通し知将と言われる人物の一人に毛利元就がいますが、毛利家の文書では、「ひとえに武略、計略、調略かたのことまでに」書かれています。はかり事多きは勝ちとも言っています。知性を磨き計略をたてて行動することをしているのですね。

私たちは戦国時代に生きているのではないですが、生きるためのは色々な人とのかかわりの中で生きていますので、知性を磨くことでお付き合いの幅が広がります。そのことで機会の場が広がっていくように思いますね。

現代社会はよりクリエイティブなことが求められています。想像力を高めるために「インテリジェンス」磨いていくことが大切だと思います。
中谷美紀さんの手書き文書からこんなことを考えました。ご結婚されたら今まで以上に素晴らしいものを私たちの届けて頂きたいと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください