志村喬と高倉健と岡田淳一が繋がる生野銀山

近畿の秘境・生野渓谷の秋

秋ともなると芸術や旅の季節ちなり出かけたくなります。カメラを持ち秘境と言われる生野渓谷行くことにしました。生野渓谷は紅葉が進みいつもの年より美しいと感じましたね。

志村喬記念館

生野渓谷、生野銀山、生野の町は風情があります。生野の町で俳優の志村喬生誕の地として記念館があり寄ることにしました。

志村喬さんと言う俳優さんをご存知でしょうか。日本の映画界を代表する俳優さんです。

知らない人でも黒澤明監督と言えばご存知だと思いますが、黒澤明監督の映画に出演されていた俳優さんです。

「七人の侍」「羅生門」「ゴジラ」「男はつらいよ」など沢山の映画に出演された名優です。

志村喬

この志村喬さんの出身は兵庫県朝来市生野で、生野銀山で有名なところで、父親はこの鉱山の治金師という鉱石から金属を取り出す技術者で当時は特殊技術者であるため位も高く優遇されていたと言われています。この鉱山の社宅で生まれ育った方でした。生家の家跡は今も残り、松の木が大きく育っています。

(志村喬の生家跡と松の木)

映画と俳優は私にとって何なのでしょうか?

面白いから見る。楽しいから見る。のですが、振り返ると何か意味があるように感じます。昔を振り返って彼女と一緒に見た思い出の映画、子供たちと見た映画など記憶に残っていくもののようです。

この地域には、天空の城として有名な竹田城があり、映画の撮影に良く使われているようです。

*1980年 「影武者」

*1989年 「天と地と」

*1989年 「暴れん坊将軍」(大暴れ但馬のヤッサ神輿)

*2003年 「魔界転生」

*2012年 「あなたへ」

*2012年 「天下明察」

*2013年 「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦の段」

*2014年 「軍司官兵衛」

などがあるようです。この映画は見たものもありますが見ていないものもありますが、見てみたいものです。

志村喬、黒澤明、高倉健、岡田准一の不思議な結びつき

志村喬さん生野出身で黒澤明監督の映画に良く出演され黒澤明監督とは話も合い親交もあったようです。黒澤明監督は、竹田城で「影武者」のロケをされています。

高倉健さんも「あなたへ」で竹田城でロケもあり、日本の映画界をリードされてきた人物である「志村喬記念館」にも立ち寄られています。

岡田准一さんも志村喬記念館に来られ俳優として成長することを願われたようです。この記念館の訪れるきっかけは、「永遠の零」ばどで活躍されていることに対して、「日本の映画界をリードする若者が生まれてきた」と評価され、岡田さん自身も高倉健さんを尊敬されていることで、映画黎明期から活躍された、志村喬さん。活躍された時代と被りながらも高倉健さんの時代、そして今後、岡田准一さんが引き継がれることになるかも知れません。

志村喬記念館の館長さんにお話しをお聞きしますと。岡田准一さんは非常に礼儀が正しい人物でしたと言われていました。映画界をリードされていくのかもしれませんね。

秋ともなると何か古き時代も遡って考えることも多いですが、生野渓谷の紅葉、志村喬記念館での映画のお話など心のしみる旅となりました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください