介護と対策・家族の認知症と付き合う

介護と対策

高齢化社会です。介護受ける人増えているようです。介護は生きているいる以上誰でもが受ける立場に置かれる可能性を抱えています。まだ若いからと言って他人事の話ではあるませんね。

介護は「大変だ」と言うイメージがありますが、介護とどのようにつきあっていくか考えておくと良いと思います。

認知症介護

介護も色々とありますが、認知症の介護は大変なことです。介護も認知症の状態でまちまちすが、放浪される方は探し回らなければならないこともあります。養護老人ホームか抜け出し行方不明になり写真入りのチラシなどで、捜索されていることを見ることもあります。

家庭で認知症の方生まれた時は行政や関係機関にまずは相談することになります。自分で抱えこんでしまうと苦しむことになりますね。行政機関から認定を受け、ケアマネージャーに相談することになり状況に応じた対応をしていただけます。

認知症の種類

認知症と何と聞かれると「記憶力や判断力など知的能力が何等かの原因で低下し、次第に悪化し、仕事や日常生活に支障が出ること」と言われます。

物忘れは年をとると誰でも物忘れは経験するものですが、早い人で40歳くらいから出てくる人もあるようです。これがただちに「認知症」かと言えば何かのヒントで思いだせば心配のいらないただの物忘れと言われます。

認知症の中で最も多いのがアルツハイマー型認知症で全体の6割を占めるそうです。それに続くのが脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭葉型認知症となるようです。

認知症の治療方法・根治薬

発症すれば、本人も家族の負担は大きいです。この負担をどのように軽減したりしていくのかが大事なことです。

認知症は個々で違いがあり、どのように軽減をはかるのかは医療旗艦や福祉関係者や施設、「認知症」を理解する地域社会のあり方などが関係してきますね。

世界の認知症人数は2015年では4,680万人で、今後1億人を突破する言われ、日本でも25年に700万人と推定されています。

治療については世界的に、根治薬が開発されていますが、失敗つづきで厳しい状況となっているようです。

例えば、神経伝達物質の「アセチルコリン」の減少で記憶や思考能力の減少に焦点をあて、アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼという酵素を抑える薬として、フランスでは「アリセプト」という薬が公的保険下で1998年より使用されてきたようですが、効果があまり見られないことや、胃腸、心血管、精神障害の副作用があることがわかり停止されたと言われます。

医薬品での効果を期待するものですが、現代ではまだ効果が期待できる薬は開発されていないようです。とは言え、薬の開発には莫大な資金が必要であるようです、開発に期待したいと思います。

認知症とどのようにお付き合いしていくのか

医療では認知症の治療薬が難しい中で福祉関係で認知症対応、決め細かい対策が必要になってきます。認知症に対応する地域、施設な健常者と共に生きる仕組みづくりなど、新しい社会構造が求められる現代かも知れませんね。

家族の認知症に日々接し考えることは」「忍耐力」とお付き合いの」心だと感じています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください