がんの生存率はあてにならない

がんの五年生存率

がんによる生存率は医療技術の進歩により伸びていると言われています。しかし、がんで亡くなられる方は実に多いですね。ニュースなどを見ていますと有名人や芸能界の人たちもがんにかかっていたり亡くなる方ばかりのような気がします。それだけかかる人が多い病気ですね。

誰でもがんになる可能性がある病気ですが、がんと診断されたらどのように対応されますか。

9月12日に国立がん研究センターは、全国の医療機関別の五年生存率を公表しました。がん治療はそれぞの医療機関で違いがあるようです。

人が治療にあたり、がんの特徴や患者の状況など単純に比較できない要素もあると思いますがしかし、医療機関の傾向はわかるように思います。

私の知人も癌にかかり治療しましたが皆んな5年以上生きて仕事をしていますね。

今回、調査の対象となったのは、がん診療連携拠点病院など全国約250ヵ所の医療機関で、2008年~2009年の間の胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がんの五大がんで診断された約50万人のステージ(がん進行度)に応じた五年生存率が明らかにされました。

(五年製造率の医療機関)

胃がんの高いところで79.4%

大腸がんの高いところで79.2%

肝臓がんの高いところで49.7%

肺がんの高いところで60.6%

医療機関別の生存率が患者さんたちの要望で初めて公表されたようですが、医療機関の質につながるものでなくあくまで参考程度にとどめながらがん治療の病院を選択することになります。

しかし、がんはやはり早期発見、早期治療が最良と言われています。

スポンサードリンク


末期がんの場合はどう考えるのか

末期がんの場合は医者がさじを投げた状態になればどう考えたらよいのか。

がんの状態は人様々と言われます。がんが組織の中に深く浸潤(しんじゅん)して、周辺のリンパ節に転移している可能性があるとき医者がさじを投げた状態だと言われます。

がんの標準治療は三種類あり、手術などの外科的切除、抗がん剤の投与、化学療法、放射線治療が施されることになります。それでも効果がなかったりした場合は他の方法を捜すことになります。

漢方や緩和ケアなど「治験」という厚生労働省から認可が下りていないものを試すことかもしれませんが進行を抑えるこが可能かもしれませんが、残念ながら効果が高いとは言われていませんね。樹木希林さんはこうした方法を試されなど有名な方も利用されニュースになることもありますね。

がんは進行すると痛みが生じその痛みを和らげる緩和治療も進んでいると言われす。また、患者の精神的な負担も大きくなり、うつ症状を発症される方もあるようです。カウンセラーや精神的ケアも受けられるますのでそうしたものを受けられます。ある意思は「末期がんとわかったあとに、人生最良の日がくるのは不可能ですか?」と問いかけされていると言われます。

人はがんだけでなく、他の病気や事故、災害などでいつ命をなくすかわからないものですね。毎日毎日最良の一日を送っていきたいものですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください