中性脂肪を知るNHKのガッテンより動脈硬化

健康診断を受けての通知

健康診断を受け医者のコメントをいただきました。

通知とコメントは「コルステロール値が高い」との診断結果でした。

健康の話の中ではコルステロールの話が良く出てきますので、コルステロールは知っていると思っていたのですが、しかし、コルステロールのことを考えて見ると意外に知らないことだらけだと思いました。

病気の 原因はどこか悪いところが生まれれば、そこから色々な病気になると思います。悪いところがあれば悪化する前に改善させることが必要だと思いますね。

NHK・ガッテンの「コルステロールと中性脂肪本当の健康新常識」

コルステロールとは何んなんだろう?コレステリンとも呼ばれる物質で、細胞膜の構成成分で、主に肝臓で生合成され、副腎皮質ホルモン・ビタミンD・胆汁酸などの材料となるもので、血管壁に多量に沈着すると動脈硬化の要因となると言われる物質です。

このコルステロールに悪影響を及ぼすのが中性脂肪で、動脈硬化の危険因子に一つと言われます。

コルステロールには悪玉、善玉と言われるものがありますが、動脈硬化を引き起こすものと言えば悪玉(LDL)コルステロールです。

それよりも悪いことをする超悪玉コルステロールと言うのがあり、悪玉コルステロールが小型化したもので、小さいため血管壁に入りやすく、酸化しやすくなるため動脈硬化が起こりやすくなると言われるものです。

動脈硬化はなぜ悪いのか

私たちの体の仕組みは、血管を通じて血液により糖分や酸素などを送り、また炭酸ガスや体内でできた老廃物を運び処理をしていく仕組みで生きていますね。

体を維持していく上で重要な役割を果たしている血管に血液の流れを悪くしたしたり、固くなって血管の機能が悪くなれば体を維持することができなくなりますね。

血管が詰まって血液の流れが悪くなれば人体機能不全となりますね。

中性脂肪とコルステロール

動脈硬化が起こるのは中性脂肪が関係し、中性脂肪とコルステロールはタンパク質に相乗りして血液中に運ばれていきます。中性脂肪の数値が高くなれば小さい粒の超悪玉コルステロールができやすくなると言われます。

中性脂肪が増えると動脈硬化を防ぐ善玉(HDL)コルステロール減ってしまいます。

「日本動脈化学理事会」によると「中性脂肪値が高いと善玉(HLD)を作る材料が減ってしまうため中性脂肪と反比例して善玉(HLD)が減少すます」と言われます。

中性脂肪が150㎎/dℓ以上で脂質異常症と診断された場合は、甘いものを食べ過ぎない、お酒を飲みすぎないなど生活習慣を見直すことが大切だと言われますね。

中性脂肪を増やすおもな食べ物

①ご飯、パン、麺類

②お酒

⓷ジュース、清涼飲料水

④洋菓子

⑤和菓子

⑥加糖ヨーグルト、加糖乳酸飲料

生活や食を見直し適度な運動も必要ですね。健康のため「気功」を行い複式呼吸をするようにしていますが、体の調子は良いと思います。

*次回はコルステロールと卵との関係を書きます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください