巨大地震と方丈記の知恵

近年日本は自然災害が良く起こるようになっています。特に地震も良くおこり、南海トラフト地震が起きると言われています。日本は過去にも大きい地震災害にあっつた歴史もありますね。災害の歴史を知ることでそこには、災害を未然に防ぐ知恵があるかも知れませんね。

日本は古来より災害が良くおこり、古文の方丈記・鴨長明も災害のことが書かれています。

スポンサードリンク


方丈記

<原文>

又 同じころかとよ、おびただしく大地震振る(フル)こと侍(ハベ)りき。そのさま、世の常ならず。

山は崩れ(クズレ)て河を埋み(ウズミ)、海は傾き(カタブキ)て路地をひたせり。

土さけて水わきで、巖(イワホ)われて谷にまろびいる。渚漕ぐ(ナギサコグ)船は波にただよひ、道行く馬は足の立ちどをまどはす。

都のほとりには、在々所々、堂舎塔廟(ダウジャタフメウ)、ひとつとして全(マタ)からず。或は崩れ、或るは倒れぬ。塵灰(チリハイ)立ち登りて、盛なる煙(ケブリ)の如し(ゴトシ)。地の動き、家の破るる音、雷(イカズチ)にことならず。

家の内にをれば、忽ち(タチマチ)にひしげなんとす。走り出づれば、地われさく。

羽なければ、空をも飛ぶべからず。竜ならばや、雲にも乗らむ。

恐れのなかに恐れべかりけるは、只(タダ)地震なりけとこそ覚え侍りしか。

かくおびたたしく振る事は、しばしにてやみにしかども、そのなごりはしばし絶えず。

世の常驚くほどの地震。二三十度振らぬ日はなし。十日廿日(トオカハツカ)過ぎにしかば、やうやく間遠(まどほ)になりて、域は四五度二三度、若し(モシ)は一日まぜ、二三日に一度などおほかたそのなごり、三月ばかり侍りけむ。

四大種(シダイシュ・宇宙一体を構成するもの)のなかに水火風(スイクワフウ)は常に害をなせど、大地にいたりてはことなりを変をなさず。

昔、斉衛(サイコウ)のころとか、大地震振りて、東大寺の仏の御頭落ちなど、いみじき事ども侍(ハベ)りけれど、なほこの度にはしかずとぞ。

すなわちは、人みなあじちきなき事を述べて、いささか心の濁りもうらぐと見えしかど、月日重なり、年経(へ)にし後は、言葉かけて言いひ出ずる人なし。

(訳文)

大震災は本当にひどいものです。山は崩れ、河が埋まり、海が傾いたように陸を襲い(津波)、大地が裂けて水が噴き出て、大きな岩が転がり落ち、船は木の葉のように揺れ、道を歩いていた馬も立ちすくんで動けなくなった。

都の寺で被害を免れたところはなかった。倒れて、壊れて塵や灰が煙のように立のぼっり雷鳴のような音がした。

なにもかもが恐ろしかった。家の中にいれば押しつぶされて死んでしまうかもしれない。外の出たなら大地の割れ目に落ちるかもそれない。羽がないので空を飛ぶことが出来なかった。竜でなかったので雲に乗ることもできなかっつた。人はなんと無力な存在なのだろうか。

激しい揺れはやがておさまり、一日おき、二日、三日に一回となり、やがて治まった。

この世界は「地」「水」「火」「風」の四つの元素でできている。そのうちの「水」「火」「風」がときには災いのもとになることは知っている。けれど「地」というものは動くことがなく、私たちに刃向かうことはないと信じていたのだ。

ずっと昔、文徳天皇(850~858年)時代に大震災があり東大寺の大仏の首が落ちたと言われていっるが今回のはもっとひどかった。本当にひどかった。

*方丈記に記されれいるのは1185年に起きた地震で、平家が壇之浦の戦いで滅びた年にあたり、平家の亡霊が地震を起こしたと言われていたとも言われていました。当時は自然災害は鬼や悪霊などがおこすと信じられていました。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください