清少納言の「枕草子」は日記

 枕草子

清少納言が書いた「枕草子」は良く聞き、「春は曙・・・」くらいの出だしの部分しか知りませんでした。

読書というのは気が散るとなかなか読めないものです。梅雨に入り、雨が降ると静かな夜を過ごせそうに思い、何かそんな雰囲気で読むべき本のような気がしました。

そこで、題名は良く知られているもので読んだことのないものを選んだ結果「枕草子」にしました。

枕草子 1 の内容

<訳文>

春の夜明けの空が白んできます。山際は明るくなり紫がかった雲が細くたなびいています。

夏の夜の月が出るころであれば、闇夜でも蛍が多く飛び交っているのも良いもので、また、一つ二つ飛び交っているのもよろしい。雨などが降るのも情緒があります。

秋は夕暮れは夕日がさして、山の頂に近づいてきた時に、烏が寝床へ行く三羽、四羽、二羽など飛ぶ急ぐ様はしみじみとした気持ちになります。

まして、雁などが連なって飛ぶ小さな様はちても良いものです。

日が沈んで、風の音、虫の音などはやはり言い表しようがありません。

冬は早朝雪が降っていると言葉にならないほど、霜の白さも、そうでない時に、火などを急ぎおこして、炭を持って配り歩くのも冬の宮中の風景です。

昼になり暖かくなれば、炭びつ、火桶も白い灰になり、情緒があるものです。

スポンサーリンク



<原文>

春は曙。やうやう白くなりゆく、山ぎは少し明りて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

夏は、夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも、をかし。

秋は夕暮れ。夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ二つなど、飛び急ぐさへ、あわれなり。

まいて、雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。

日入り果てて、風の音、虫の音など、はた、言うべきにあらず。

冬はつとめて。雪の降りたるは、言うべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持ちてわたるも、いとつきづきし。

昼になりて、ゆるくゆるびもていけば、炭櫃(スミビツ)、火桶(ヒオケ)の火も白き灰がちになりて、わろし。

*枕草子は日記調に宮中の様子を書き上げています。自然描写など現代社会では味わえない表現がされ、日本の原風景を見る感じがしますね。

清少納言とは

清少納言(966年頃)は平安時代の作家、歌人です。平安時代の女流作家のひとりですが、良く紫式部と比較論評されている人物です。また、紫式部とライバルであったとも言われますが、その史実がどうなのでしょうか。

清少納言は一条天皇の時代に中宮定子に「女房」・当時女房(にょぼ)というものがあり雑用や妾のもなる存在でした。清少納言は博学、才気であったため中宮定子に寵愛を受け、宮中に努めながら「枕草子」を書き上げたと言われています。

*まだすべてが読み終えていませんので、梅雨時期の静かな夜に読んでいきたいと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください