コーヒーは美味しい・日本のコーヒー文化

コーヒーは暮らしを豊かにしてくれる飲み物と思います。私がコーヒーを初めて飲んだのはいつだったのでしょうか。思いだすことができませんが、沖縄の日本返還前に1週間くらい滞在したことがありましたが沖縄で初めてコーヒーを味わったように記憶しています。この時よりコーヒーにはまりこみました。

以前は「喫茶店」が沢山ありましたが、現代は「カフェ」という名前に代わっています。時代、時代でコーヒーを扱うお店も変わってきますね。日本のコーヒー文化の変遷と感じます。コーヒーの粉をお湯や水で溶くだけのインスタントコーヒーや缶コーヒー、ペットボトル入り、紙パック入り、ペーパーフィルターにコヒーがセットされたもの沢山のコーヒーが出回ってきました。日本のコーヒー文化は広がっていますね。

コンビニコーヒー

外にでる機会が多いですが、コンビニはどんな田舎に行ってもあるようになってきました。コンビニがある生活スタイルが当たり前になっています。田舎で暮らしていますのでコンビニの店員さんとは馴染みになっています。コンビニのコーヒーも良く飲みます。外出した時の休憩にコンビニに立ち寄りコーヒーを飲むのですが、コンビニによるとコーヒーの香りが漂っている時がありついつい飲んでしまいます。挽きたてのコーヒーを味わうことができるのです。コーヒーは香りと味ですが美味しいコーヒーですね。

コンビニには缶コーヒーもありますが、挽きたてのコーヒーも価格が同じくらいですので挽きたてのコーヒーを味わうほうがお得かもしれませんね。

コーヒーの味わい方

多様なコーヒーが現在出回っています。どんなコーヒーを選ぶのか、コーヒーを味わう場所や時間も私たちが自由選ぶことができるようになってきました。コーヒー味わい方は私たち選択次第なのですね。

私は自宅では、ドリップ方式のコーヒーを味わいます。コーヒーの香りが漂い落ち着いた雰囲気うまれ色々な思索ができ、コーヒーの中からアイデアも生まれてきます。コーヒーは時と場所を選んで味わうようにしています。

コーヒー消費量ランキング

第1位 京都府 3.427g

第2位 鳥取県 3.296g

第3位 滋賀県 3.035g

第4位 広島県 3.001g

第5位 北海道 2.964g

となっています。京都府はお茶や京料理という和食のイメージが強いですが、パンの消費量も1位です。京都人の気質は古いものを守ると同時に新しいものを吸収する気質があるとか?コーヒー消費量は食生活とのかかわりが深そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください