「人工知能と経済の未来」を読む

人工知能とは何

人工知能についてはすでにご承知と思いますが、文章に表すと「コンピューターで記憶・推論・判断・学習など人間知的機能を代行出来るようにモデル化されたソフトウエア」でA1と呼ばれます。

人工知能の話題が多くなってきました。大きく分けて、①人工知能は私たちに利益をもたらす②人工知能は人類にとって脅威になるという相反する二つの話題です。

駒沢大学講師井上智洋さんの書かれた「人工知能と経済の未来」を読んでいます。興味深い内容が書かれています。

亡くなられた世界的に有名な理論物理学者ホーキング博士は「人工知能が人類にとってとんでもない厄災をもたらすのではないか」危惧されていました。こういう思いを持つ方も多いように思います。

しかし、将棋と人工知能の対戦が話題になり、人工知能が勝利するなど人工知能の話題は尽きませんね。

すでに人工知能は私たちも使い、スマホや家庭用掃除機など短かったな所にありますね。株価予測システムや人形ロボットなど実用化や開発がなどが実用化が急速に進んでいますね。

人工知能化は今後益々進んでいきますね。

シンギユラリテイの世界

シンギユラリテイはコンピューターが人間の能力を越える時で、特異点、技術的特異点と言われています。

この概念は、アメリカの有名な発明家、レイ・カーツワイルが紹介したもので、2045年に到来することを予測しています。

シンギユラリテイになるとどんな事が起きるのでしょうか?

例えば、ナノロボットを注射で人間の体内に入れるとロボットが体の悪いところを探し治療が出来るようになると言われます。こうなると人間寿命は今以上に長くなり、不老不死も夢ではなくなるかも知れません。

母親のかかりつけの医者に聞きますと医療技術の進歩はすでにSFの世界に入っていると言われていました。京都大学再生医療研究所のノーベル科学賞・ノーベル医学賞を受賞された山中伸弥教授のips細胞の研究は進んでいると言われています。

医療分野に限らず今まで経験したことがなくSFの世界が実現するようになります。

しかし、またこの予想は当たるのでしょうか?

週刊誌などでも良く人工知能と社会や経済もことが特集されるようになっています。週刊現代を見るとA1予想「これが日本の10年後」とした記事がイラストで描かれていました。

家庭生活ではドアの前に立つと認証システムで自動的みにドアが開き、お帰りなさいと声が聞こえて来る。奥様ソファーに座り、本を読んでいる。台所では料理の調理ロボットがアームで料理している様子見えます。その日も料理も好みや体調に合わせた料理が作られて、ロボットがテーブルにも載せて、片付けもしてくれます。

野菜や魚はテクノロジーにより自給出来るシステムが出来ていて新鮮な料理を食べることができます。

家電はネットワークに接続されおり、A1アシスタントに指示するだけで、テレビや映画、スポーツ観戦なども見放題です。

日常仕事と暮らし

仕事は人工知能がする仕事と人関わる仕事が分かれており、仕事はA1管理と人が関わらなくてはならない介護や接客、芸術的な分野となり、仕事量はかなり軽減されています。

国の制度はベーシックインカム(B1)と言う制度が導入が理想的かも知れないと言われています。

ベーシックインカムという制度は簡単に言うと、A1が稼いだものを国民に配当する制度です。

A1が仕事をして経済成長も確保され、政府から経済成長に見合った配当が全ての国民に支給され暮らしは安定しています。

人工知能の理想世界が描かれる一方、人工知能の進展で職がなく就職難民増加も考えられ私たちの暮らしは悲惨ば状況となることも考えられます。

人工知能の進展は夢の世界か、人工知能に支配される最悪の時代になるのか?今後どんな世界になるのでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください