山菜の季節・自然を摘む

春は山菜の季節・縄文の暮らしを思い浮かべる

田舎に住んでいると春は山菜でにぎわいを見せることになります。山菜に関心を示される方も多いようです。四季に恵まれ食や文化に結びついてきた山菜、自然の味わいができる日本列島は恵まれた自然環境にあると思います。

山菜を見ていると遥か昔の縄文時代の暮らしを想像してしまいます。縄文時代は12,000年以上もの長きにわたって続いたと言われています。なぜこんなに長きにわたって続いたのでしょうか。

縄文時代は、一部稲作や、蕎麦などの栽培もおこなわれていたとも言われていますが、日本列島は自然環境で大きな変化がなく、採取が中心の暮らしが出来、また、生きることが出来たから縄文の暮らしが長く続いたのではないでしょうか。

山菜は私たちに流れる縄文人の血が騒ぎ山菜への関心が高まるのかも知れませんま自然との関わりが薄くなった現代において、山菜を摘むことで自然を知るができ、山菜摘みは大切なことかも知れませんね。

山菜の種類は沢山あります

田舎や山には時期になると沢山の山菜がありますね。私たちはこうした山菜と共に生きてきた歴史の中にいますね。

山菜を採り食べると格別美味しいものです。味だけでなく季節を感じます。山菜の種類は日本で沢山ありますね。現代では栽培された山菜も数多く店頭に並んでいます。

自然環境の変化と思われますが、近年以前は沢山生えていた山菜が少なくなるなどのこともあります。私の住む地域は以前フキやワラビなど沢山の山菜がありましたが、近年少なくなってしまいました。

<山菜と料理>

筍料理

 福知山市法恩寺の筍

 筍ご飯

 筍の煮物

筍料理は米ヌカなどでアクを取り料理に使います。良く管理された竹藪の筍はアクが少なく、そのまま筍の刺身として食べることができますが、一般的にはアク抜きをして使います。アク抜きの仕方は誰が考えたことなのでしょうか。先人に知恵には驚きますね。

筍は成長が早く筍の取れる時期は限られ、瞬く間に筍の季節が終わってしまいます。筍の水煮などが売ってありますが、味としては旬なものが美味しいと思います。

少し遅れた時期には破竹と言う少し細い筍がありますが美味しいものです。

 破竹

山蕗料理

 

 山蕗

 

 山蕗の佃煮

山蕗は色々なところに生えていますが、いざ取ろうとすると良い蕗は見あたらないものですね。

採取は山間部の半日日陰のようなところに良い山蕗が生えています。山蕗も種類があるようです。茎の部分が赤色が買ったものと白く緑かかったものがありますが、赤色かかったものが料理には見栄えがしますね。味などはあまり変わらないようには思います。

またどこでも採ることはできませんね。採ることが禁止されているところもあります。採取される場合は注意が必要ですね。トラブルにならないようにすることや自然のルールに従い採りすぎには注意が必要と思います。

山椒料理

 山椒の木

 鶏肉の山椒蒸し

 山椒のタルト

山椒は多様に使うことの出来る香辛料です。若い芽の時は木の芽和え、山椒の佃煮、山椒入り魚の煮物など使うことができます。乳製品や柑橘系果物との相性も良く美味しいものです。アイスクリームにかけて食べても美味しいですね。

俳優の真田広之さんも出演されて映画化された「ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件」では山椒は認知症に効くとしてホームズが研究する様子も描き出されていますね。認知症に効果がある?一度お試しになられては・・・

私は山椒の佃煮を卵かけご飯と合わせて食べますね。美味しい卵かけご飯になりますね。

*山菜は日本には沢山ありますのでまた書いていきたく思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください