冷蔵庫の整理術・「NHKの助けて!きわめびと」を見て考えた

冷蔵庫の整理がなかなかできないので困っています。一番困るのは整理が出来ていないので買い物で残っているものを確かめたと思っていたら、買い物から帰って良く見ると冷蔵庫のすみにあったなど、材料や調味料が残り使わないまま賞味期限が来てつかえなくなってしまうことが良くありますね。

どうしたらよいのでしょうか?私のなかなか整理が出来ないという性格も影響しているとは思うのですが、何とか改善したく考えています。

高木ゑみさんのワンポイント「買い物・保存・献立」3つの極意で冷蔵庫スッキリ

(その極意とは)助けて!きわめびと

1、買い物は週一回

まとめ買いしたものを週で使いきる

2、買い物のあとのひと手間

買い物したものをひと手間かけて整理、保存する

3、主菜カレンダーで使いきる

献立カレンダーで料理を使いきりにすれば良いという極意の紹介でした。

素晴らしい提案だと思いましたが、自分の性格などを照らし合わせると極意通りになかなかできないと思いました。まして私は男ですので女性の感覚を持ち合わせていないこともありますね。しかし、このままではいけないと改めて考えて見ることにしました。

料理は簡単なようで複雑な要素がありますね

(考えて見ました)

1、家族家族構成は、夫婦二人と母親の三人家族です。

夫婦は労働環境が違い妻は不規則勤務で、母親は高齢者で調理はしませんのでもっぱら私が調理や家事を担っています。

2、調理は①材料購入②材料の冷蔵庫への保存③美味しさや健康を考慮した献立を考える④料理の下準備⑤調理④調理の残りものの保存③皿の準備④盛り付け⑤食事⑥かたずけ、皿とシンクの洗浄⑥お皿のかたずけですが、料理の経費も考えることが必要ですね。

これだけのことをするとなると結構時間がかかるものです。冷蔵庫への保存は性格上「冷蔵庫保存が出来ればまあいいや」で済ませることが多いと反省しています。やはり「ひと手間」が大事なことだと感じますね。

私なりに考えた冷蔵庫整理術

私の性格を考えた上で冷蔵庫の整理方法を考えてみました。食事はその日気分で食べたい料理を作るのが癖になっています。この癖は治りそうにもありませんので料理の献立の計画は作っても実行に移せそうにもありません・・・

①せめて材料を二日程度の購入にして、献立は考えるように努力する。

②買い物は残らない程度の材料の購入に努める。お店が比較的近くにありますので、お店を冷蔵庫替わりに使うというような考え方でしょうか。

③献立も材料を使い切るという献立にする。

*冷蔵庫に材料を置かないようにする。

④献立のレパートリーを広げ一つの材料で飽きの来ない料理にする。

*こうすれば冷蔵庫はスッキリとしていくのではないかと考えました。

*調理の中身は人それぞれですので調理の内容で考えれば冷蔵庫スッキリです。

*いらない物は捨てることも大切だと思いました。この前は長年使わない冷凍食品が残っていましたので捨てて冷凍庫をスッキリとさせました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください