新型コロナウイルスとパンデミックと暮らしと仕事を考える

これは現実なのか、パンデミック

世界が新型コロナウイルスに襲われる。ウイルス感染で町から人が消え人の活動が制限されてしまう。世界で何が起こっているのでしょうか。

「私たちを取り巻く環境は COVID-19 によって一変し、日々変化し続けています。需要とトラフィックの変化、在宅勤務による作業効率の変化など、それぞれのビジネスが抱える問題はさまざまですが、誰もがなんらかので大きな影響を受けています。」

Googleからこんな文章が届いていました。

新型コロナウイルスは世界中で蔓延し「パンデミック」という事態となっています。感染症の世界的流行を現す言葉です。

感染症歴史の歴史はエジプトのミイラから天然痘痕跡が見られたと言われ、人と感染症の関係は現代に続いているようです。

日本の古文の「源氏物語」や「方丈記」でも書かれていますね。

“新型コロナウイルスとパンデミックと暮らしと仕事を考える” の続きを読む

源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む

源氏物語をAIの時代をに読む

源氏物語をすべて読み切った方はどれくらいあるのでしょうか。平安時代に光源氏と言うイケメンでプレイボーイが主人公と女性や宮中の物語として何となく知っているとか幾つかの帖は読んだと言われる方は多いもではないかと思います。

しかし、源氏物語は平安時代当時の公家たちの暮らしや政治や経済、また自然災害のことも描かれていることから、男と女の関係だけの物語ではないようです。

しかし、男女間や人間関係の心の動きが描写されていますが、現代社会に通じるように思います。

源氏物語が世界的に評価されていることがわかるような気がします。

AI時代においてはより人が大切になってくると言われますが、人がリアルに描かれた源氏物語は価値ある物語のような気がしています。

“源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む” の続きを読む

源氏物語 四十七帖 総角(あげまき)・宇治十条を読む

古典・源氏物語はスマホをもって読む

源氏物語の古典を読むのは現代の言葉と違うことがありますので難しい言葉の使い方ががされていますので難しと思うことがあります。しかし現代がスマートフォンと言う便利なツールがあり簡単に調べることができます。スマホの活用方法の一つだと思います。

“源氏物語 四十七帖 総角(あげまき)・宇治十条を読む” の続きを読む