源氏物語「竹河」を読み現代の離婚を考える

「竹河」あらすじ

源氏物語から平安貴族社会がわかります。現代社会も平安貴族社会文化が引き継がれているようです。平安貴族たちはその日の行動を風水占いで決めていたようですが、現代でも私たちは風水を信じることがありますね。

登場人物は、源氏の息子の夕霧は49歳、柏木と源氏の妻である女三宮との付議密通で生まれた薫は14歳~23歳、今上帝と源氏の子供で明石の中宮の子供の匂い宮15歳~24歳(源氏の孫)、玉葛47歳~56歳、大君(玉葛の娘)16歳~25歳、中の君(玉葛の娘)14歳~23歳です。

<あらすじ>

玉葛の夫の髭黒 が亡くなったあとも、経済的には裕福に過ごしていますが、娘の結婚問題に悩んでいます。長女の大君は帝からも冷泉院から求婚されていますが、夕霧に相談をして、院の妃にすることに決めます。

大君は帝はもちろんのことで、熱烈な求婚者であった薫や蔵人の少将(夕霧の息子)もがっくりします。

薫は「竹河」を謡って大君との結婚を求めていました。

「竹河のはしりうち出でし一ふしに深き心の底は知りきや」・・・薫

大君は帝との間に一男一女ををもうけながら、先に妃となっていた弘徽殿の女御の嫉妬にあい実家にもどってきてしまいました。玉葛はこの結婚は失敗だったと薫の愚痴を言います。

“源氏物語「竹河」を読み現代の離婚を考える” の続きを読む

吉本とお笑い芸人と時代

芸人の世界

吉本所属の芸人の不祥事・反社会勢力のイベントに出演した報道が連日行われていましたが、かつて、日本は芸人に関わらず裏社会とのつながりを持ち続けた社会構造だったと言われます。今日では反社会勢力に対する法律が施行されから厳しく取り締まりを受けることになります。

こうした法のもとで吉本も芸人たちに注意を喚起してきたと言われていますが、反社会勢力と関係したとすることが週刊誌などで浮上し問題となり、吉本の対応まずさも加わり大きな問題に発展してきた模様です。

日本とやくざとの関係は、やくざ映画やドラマが作られてきています。時代劇では「清水次郎長」「木枯し紋次郎」「仁義なき戦い」「極道の妻たち」など反社会勢力が描かれています。

反社会勢力を肯定するものではありませんが、日本の社会は反社会勢力や裏世界との関係の中で成り立ってきた社会かも知れませんね。

近年まで政治家なども裏世界とのかかわりが週刊誌をにぎわしたこともあり、大相撲なども問題にましたね。考えると闇社会とのかかわりの歴史だったようです。

週刊現代では「読売新聞、日本テレビのオナーにしてCIAの協力者」として正力松太郎・原子力をつくった男と特集記事になっていました。昭和時代には闇社会と関係する実力者の名前が良く出てきますが、裏社会との結びつきの中で仕事をされた実力者があったようです。

反社会勢力との関係は肯定は出来ませんが、しかし、私たちに欲望がある以上、今後も色々な問題が生まれてくるように思います。

“吉本とお笑い芸人と時代” の続きを読む