鬼と妖怪の話・鬼の起源は何

鬼と妖怪の違いは?

鬼と妖怪の話しは世界中にありますね。私たちはこういう話しにどうして引かれるのでしょうか?

「妖怪変化」といいますが、鬼も娘にばけたりします。

“鬼と妖怪の話・鬼の起源は何” の続きを読む

源氏物語「竹河」を読み現代の離婚を考える

「竹河」あらすじ

源氏物語から平安貴族社会がわかります。現代社会も平安貴族社会文化が引き継がれているようです。平安貴族たちはその日の行動を風水占いで決めていたようですが、現代でも私たちは風水を信じることがありますね。

登場人物は、源氏の息子の夕霧は49歳、柏木と源氏の妻である女三宮との付議密通で生まれた薫は14歳~23歳、今上帝と源氏の子供で明石の中宮の子供の匂い宮15歳~24歳(源氏の孫)、玉葛47歳~56歳、大君(玉葛の娘)16歳~25歳、中の君(玉葛の娘)14歳~23歳です。

<あらすじ>

玉葛の夫の髭黒 が亡くなったあとも、経済的には裕福に過ごしていますが、娘の結婚問題に悩んでいます。長女の大君は帝からも冷泉院から求婚されていますが、夕霧に相談をして、院の妃にすることに決めます。

大君は帝はもちろんのことで、熱烈な求婚者であった薫や蔵人の少将(夕霧の息子)もがっくりします。

薫は「竹河」を謡って大君との結婚を求めていました。

「竹河のはしりうち出でし一ふしに深き心の底は知りきや」・・・薫

大君は帝との間に一男一女ををもうけながら、先に妃となっていた弘徽殿の女御の嫉妬にあい実家にもどってきてしまいました。玉葛はこの結婚は失敗だったと薫の愚痴を言います。

“源氏物語「竹河」を読み現代の離婚を考える” の続きを読む

吉本とお笑い芸人と時代

芸人の世界

吉本所属の芸人の不祥事・反社会勢力のイベントに出演した報道が連日行われていましたが、かつて、日本は芸人に関わらず裏社会とのつながりを持ち続けた社会構造だったと言われます。今日では反社会勢力に対する法律が施行されから厳しく取り締まりを受けることになります。

こうした法のもとで吉本も芸人たちに注意を喚起してきたと言われていますが、反社会勢力と関係したとすることが週刊誌などで浮上し問題となり、吉本の対応まずさも加わり大きな問題に発展してきた模様です。

日本とやくざとの関係は、やくざ映画やドラマが作られてきています。時代劇では「清水次郎長」「木枯し紋次郎」「仁義なき戦い」「極道の妻たち」など反社会勢力が描かれています。

反社会勢力を肯定するものではありませんが、日本の社会は反社会勢力や裏世界との関係の中で成り立ってきた社会かも知れませんね。

近年まで政治家なども裏世界とのかかわりが週刊誌をにぎわしたこともあり、大相撲なども問題にましたね。考えると闇社会とのかかわりの歴史だったようです。

週刊現代では「読売新聞、日本テレビのオナーにしてCIAの協力者」として正力松太郎・原子力をつくった男と特集記事になっていました。昭和時代には闇社会と関係する実力者の名前が良く出てきますが、裏社会との結びつきの中で仕事をされた実力者があったようです。

反社会勢力との関係は肯定は出来ませんが、しかし、私たちに欲望がある以上、今後も色々な問題が生まれてくるように思います。

“吉本とお笑い芸人と時代” の続きを読む

気になるアニメ制作・朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」からアニメーターに憧れをもつ方もあるかもしれまん。アニメーションをつくる仕事はどんなものなのでしょうか。

アニメの制作費はどれくらいなのでしょうか?

またアニメーターの収入はどれくらいなのでしょうか?

“気になるアニメ制作・朝ドラ「なつぞら」” の続きを読む

源氏物語の四十三帖「紅梅」を読む

源氏物語を読んでいますが、四十三帖まで読に進めてきました。五十四帖まである長編ですので、読み切る方は少ないと言われます。

この帖は光源氏はすでに亡くなり、源氏の追憶なども描かれています。

源氏物語は宮中での恋愛や遊び、行事など当時の様子が描かれていますが、贅沢三昧の暮らしの中でも貴族政治の移り変わりや時代の変化も写しだされているように思います。

“源氏物語の四十三帖「紅梅」を読む” の続きを読む

一人暮らしと高齢者と生きがい

一人暮らしが増えている

一人暮らしはそれぞれの理由がありますね。結婚をしていない、死別したなど一人一人それぞれ違い、ひとくくりで言えるものではないと思います。

日本は少子、高齢化、人口減少の中で増加していくと言われていますが、現在でも一人暮らしの方は多いですね。孤独死と言うのもニュースになり社会問題に浮上したりしています。

一人と言う言葉には孤独と言う言葉がついて回っているようですが、「一人」や「孤独」と言うイメージはどのようにとらえられているのでしょうか?「気楽」とか「寂しい」とか合い反するとらえ方があるようです。

“一人暮らしと高齢者と生きがい” の続きを読む

朝ドラ「なつぞら」と青年団と昭和時代の思い出

 あさドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」の視聴率が良いと言われています。「なつぞら」はどんな人たちが見ているのでしょうか?
50才以上の方が多く見られているようです。この世代の人たちは青春が昭和の時代だった人たちです。

「なつぞら」は自分の青春時代を重ねて見られているのかもしれませんね。「なつぞら」は昭和時代のことが出てきますので懐かしく感じます。

出演者も朝ドラ出演者が多く、当時の朝ドラを思い起してしまいますね。

“朝ドラ「なつぞら」と青年団と昭和時代の思い出” の続きを読む

手作りパンのある暮らし楽しい

手作りパンと働き方改革

久々にパンをやきました。センメルパンです。固焼きのフランスパンのようなパンですが、噛めば噛むほど味がでます。美味しいですね。沢山やきましたので、母親がお世話になっている医院にプレゼントしました。喜んでいただけましたね。

手作りパンは美味しくで個性的なパンを焼くことが出来ます。パン焼きを覚えると食生活や暮らしが変化していきます。

働き方改革が進められる現代余暇で手作りパン作りを始められるのも良いと思います。

現代は夜粉とイースト、水などを加えるだけで簡単にパンが焼ける自動パン焼機などがありますので手軽に焼きたてパンを食べる事が出来ますね。

又。電子オーブンレンジも発酵機能付きのもあり家庭でパン焼きができます(ホームベーカリー等)。

現代は器具がかなり良くなってきており誰でもが焼けるようになってきたのかなと思います。

“手作りパンのある暮らし楽しい” の続きを読む

源氏物語 ・匂兵部卿を読む

源氏物語・ 匂兵部卿

この帳まで読み進めてきて世の中の移りかわりを感じます。

四十二帖の「匂兵部卿」の前は「雲隠」のタイトルのみが記載され、源氏の死亡の状況は書かれていませんが、光源氏は出家し嵯峨に隠棲し2から3年後に亡くなっています。

物語は世代交代で登場人物はかわっています。

四十二帖の「匂兵部卿」では源氏の長男の夕霧も40~46歳になり、物語は夕霧の次の世代に大きく移っています。

源氏の亡くなったあと、六条院は端やかさがなくなり、人々は以前のような華やかさを求めて、源氏の後継者は匂兵部卿と薫だと噂して、人々は光源氏時代の華やかさを求めているようです。

*薫は面向きは源氏と女三宮子供となっていますが、実は柏木と女三宮の不義により生まれた子供です。

*匂兵部卿の母は明石の中宮で源氏の外孫に当たります。

“源氏物語 ・匂兵部卿を読む” の続きを読む